女子中高生が支持するスマホ、ダントツ1位はiPhone! スマホ満足度調査

写真拡大

ふみコミュニケーションズが運営する、女子中高生のためのポータルサイト“フミコミュ!”では、2012年12月28日〜2013年1月14日までの期間、女子中高生600人を対象にスマートフォンに関する満足度調査を実施した。

最初に、「今使っているスマートフォンはどの程度気に入っていますか?」と尋ねたところ、iPhoneユーザーの48.5%が「とても気に入っている」と回答。

一方、iPhone以外のスマートフォンユーザーが、「とても気に入っている」と答えた割合は26.5%にとどまった。

iPhone機種別に見てみると、「とても気に入っている」と答えた人の割合が高かったのは「iPhone5(54.2%)」だった。

続いて「iPhone4S(48.5%)」、「iPhone4(36.7%)」。

満足の理由として、「パソコンサイトを見ることができる」「通信速度が速い」「ラインやツイッターなどのアプリが利用しやすい」といった声が多く寄せられた。

次に、「iPhone5」をキャリア別に見てみると、SoftbankはiPhone5の中でも「とても気に入っていると」回答した割合が高く、「本体価格が安い」「料金プランが魅力的」など、特に料金面が支持されているようだ。

一方、auのiPhone5は家族が利用している、使い慣れた会社であるといった点が大きく評価を得ていることが分かった。

また、各社がアピールしている電波や通信速度に関しては、どちらのキャリア利用者も関心は低かった。

しかし、SoftbankのiPhoneユーザーの方が、LTEのエリアや速度が速いという点を評価している割合が高いようだ。

「次に買い換えるとしたら欲しいケータイは?」と尋ねたところ、「iPhone」と回答した割合は67.8%。

「iPhone以外のスマホ」は30.2%で、倍以上の開きがあった。

また、Android利用者が引き続きAndroidを欲しいと回答した割合が47.1%であるのに対し、iPhone利用者の90.4%が次もiPhoneを利用したいと回答している。

スマートフォンの不満点について聞くと、Android利用者では「フリーズしてしまう」、「強制終了が多い」といったコメントが寄せられた。

一方、iPhone利用者ではそのようなコメントがほとんどなく、次に買い換える機種の判断に影響を及ぼしている可能性もあるようだ。