トヨタ、レクサスのハイブリッドセダン「HS250h」をマイナーチェンジ

写真拡大

トヨタ自動車は24日、レクサスのハイブリッドプレミアムセダン「HS250h」をマイナーチェンジして発売した。

価格は410万円から552万円。

今回のマイナーチェンジでは、レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」や、L字型デザインを取り入れたLEDフォグランプを採用してフロントデザインを一新。

また、車高を10mm下げることで、低重心で踏ん張り感のあるスタイリングを実現したとのこと。

吸・遮音材の追加や材質変更などによって静粛性も向上しており、スポット溶接打点の追加によるボディ剛性強化や、車体前後にパフォーマンスダンパーを採用することで、操縦性・走行安定性の向上と、よりなめらかな乗り心地を実現したという。

インテリアでは、内装色に「エクリュ」と「ブラック&ガーネット」などを一部グレードに新採用。

オーナメントパネルには、環境負荷を抑制する天然素材バンブーや、匠の手技によって創り出された縞杢(しまもく)を設定(一部のグレード)している。

走りや環境性能の面では、ドライブモードセレクトに力強い加速と機敏な走りを実現する「SPORT MODE」を設定したほか、ハイブリッドシステムの制御見直しや充電効率改良などによって燃費を20.6km/L(JC08モード走行燃費)に向上させている。