四ッ倉駅前にある「じゃんがら念佛」のモニュメント。

写真拡大

■自分は運がいいなと思う

合州国の非営利団体「ヤングアメリカンズ」が行う歌や踊りのワークショップと公演に参加し、子どもたちに「学校ではできない教育」を届けたいと考えるようになった白岩春奈さん(平商業高1年生)。最初に聞いたとき、こちらは彼女の高揚感を正しく理解できずにいた。謎が解けたのは、取材後のメールで白岩さんの部活動を教えてもらったときだ。

「部活は郷土芸能保存会です。いわきの郷土芸能である『じゃんがら』を、お祭りや老人ホームなどで披露しています」

冒頭で、「いわき」という地のバラバラぶり(きれいなことばで書けば「多様性」)を記したが、それは為政者側の視点だ。江戸時代からこの一帯では 腰に付けた締太鼓と鉦(かね、鉦鼓[しょうこ])を打ち鳴らしながら踊る「じゃんがら」が盛んに行われていた(「ぢゃんがら」とも書く)。源流は「泡斎念仏」と呼ばれた踊り念仏といわれ、江戸時代にいわき周辺で大流行、1671(寛文11)年には磐城平藩が禁止令を出すまでに至った。明治6年(1873)年にも磐前(いわさき)県(当時)が禁止令を出している。すなわち、それほどまでに高揚する祭をいわきの人たちは持っている。有力大名が統一支配していなくとも、人々の間には共有する風俗がある。江戸時代には老人が舞っていたという「じゃんがら」は、今のいわきでは、各地区の若者たちが主体となって行われている。白岩さんと「ヤングアメリカンズ」の距離は、最初から近かったのだ。

NPOやNGOで、小中学生対象に小中学校ではできないことをしたい。そういうことをできるようになるには、どういう進路が考えられますか。

「国際関係学部みたいな学部に入って、NGO論みたいなのを学べるコースで。じっさいには、そういうコースってどんな勉強するのか、わたしまだ、オープンキャンパスとか行ってないんで、はっきりわからないんですけど。興味があるので、2年ぐらいになったら、オープンキャンパスには絶対に行ってみようって思ってます」

白岩さんは、やりたい仕事をしているとき、どこに住んでいますか?

「そういう仕事だったら、日本中どこでも、世界中どこでも。自分の仕事がどういうものなのかは、まだはっきりとわからないんですけど、『いろんな子どもたちに教えたい』ってことは、はっきりとありますから、自分のことばが通じないところでも頑張りたいです。でも、老後は日本がいいです(笑)」

父方のお祖父ちゃんとお祖母ちゃん、父、母、小6の弟、小4の妹と一緒に白岩さんは暮らしている。お父さんはトラック運送業の整備士、お母さんは銀行のパート職員だ。親御さんは進路についてどう言っていますか。

「お父さんもお母さんも高校を出て就職してるので、わたしもそういう中で育ってきたんで、最初は就職でいいなとか思ってたんですけど、いろんな経験をしたり、いろんなスキルが身についていって『もっといろんなことを学びたい。高校で留学してみたい、やっぱり大学に行きたい』って思って。べつに親が悪いとは思わないんですけど、わたしが調べないと、やっぱり親もわかんないし、そこは不利かな。でも、わたし、自分は運がいいなと思うんです。経済的な面で余裕がないとか言われちゃってるけど、行くなとは言われてないし、自分の進路は応援してくれてるんで」

白岩さんが卒業した中学校は、小名浜地区の海の近くにある、いわき市立江名中学校。

「いわき生徒会長サミット会員でした。現在はシニア会員としても活動しています」

「いわき生徒会長サミット」は、2011(平成23)年から始まった、いわき市内44の中学校の生徒会長と前年卒業生のシニア会員で構成される活動のことだ。白岩さんが話してくれたヤングアメリカンズのいわき公演は、このサミットが主体となって行われている。将来のいわき市を担う(かもしれない)若いリーダーたちが、早い段階から横のつながりを持つ場所。サミットはそういう集まりとして機能している。

■いわき生徒会長サミット
http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0740002

生徒会長サミットに参加する、ヤングアメリカンズを体験する、「TOMODACHI〜」で3週間の合州国を体験する。白岩さんは能動的だ。だが同時にこちらは、そういう高校生が葛藤を抱える場面もこの取材の中で見てきた。白岩さん、こちらは今までの取材で「TOMODACHI〜」から帰ってきて、日本での学校生活でギャップを感じたという話を何度か聞きました。合州国での3週間を一緒に過ごした仲間は前向きなのに、こっちは……というニュアンスの話です。白岩さんはそういうことを感じたことはありますか。

「ギャップは毎日感じてます。わたしは中学校3年生のときに、生徒会長サミットの活動で長崎に行ったんです。長崎でもいろんな経験を積んで、視野も広がって、スキルアップもできたと思うんですけど、帰って来たときに、ほかの生徒とかと、なんか、温度差みたいなものは感じて。いい経験をたくさんさせてもらっても、戻って来ると、先生とも生徒とも差があって。『TOMODACHI〜』から帰ってきてからも、同じ気持ちは持ちました」

念のため言い添えておくと、白岩さんの口調に「上から目線」に該当するものはない。だが、葛藤はたしかに感じているとわかる。生徒会長であれ、経営者であれ、リーダーシップを執る側が持たざるを得ない「なぜ動かない?」という葛藤。白岩さんは今、その入口にいる。

■自前の名刺

スパリゾートハワイアンズで行われた HIS 33期方針発表会の壇上で、いわき市のアピールを行った高校生は8人。全員が「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」参加者で、いわきからの参加者で結成したチーム「Youth Iwaki」のメンバーでもある。高校生に「組織形態は」と訊くのも性急かもしれないが、「Youth Iwaki のリーダーは明確には決まっていませんが、TOMOTRA のリーダーは俺と(白岩)春奈です!」と具体的な返事をくれた高校生がいる。

芹澤崚(せりざわ・りょう)さんは福島県立磐城高等学校普通科2年生。福島県を代表する名門進学校だ。卒業生には情報誌「ぴあ」創業者の矢内廣や、指揮者の"コバケン"こと小林研一郎、そして『「フクシマ」論』を書いた社会学者の開沼博がいる。芹澤さんはいわき市立中央台南中学校卒。平と小名浜の境にある新興住宅地の中にある学校だ。お父さんは東京電力で働いている。取材が始まる前、芹澤さんはこちらに名刺を渡してくれた。

今回の取材で、初めて高校生から印刷された名刺をもらいました。

「駐日大使公邸でレセプションの際に多くの方々から名刺を戴いたんですけど、自分は用意してなくて、後悔したからです(笑)」

昨年9月22日、駐日合州国大使公邸で「TOMODACHIサマー2012セレブレーション」と題したイベントが行われ、芹澤さんも招待された。東日本大震災の復興支援活動「TOMODACHI」は、合州国政府と公益財団法人米日カウンシル-ジャパンが主導し、日本政府と日米企業や団体、個人が資金や実務の支援を行っている。ソフトバンクはその中の1社であり、同社がスポンサードしたものが「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」だ。同社以外にも日本コカ・コーラや三菱商事、武田薬品工業、トヨタ自動車などが支援企業となっている。この日のレセプションでは、日本コカ・コーラから「TOMODACHIサマー2013」「同2014」の資金援助倍増が発表されている。

芹澤さんの将来の志望は旅客機のパイロットだ。

「6歳のとき、シンガポールへ旅行に行ったときにパイロットになりたいと思ったんです。あと、人生の中でやりたいこともいっぱいあって、留学もずっとしたいって考えてたので、今回『TOMODACHI〜』であっちへ行って、自分と同じパイロットになるって目的で留学してる人に会うこともできました。その人にいろいろ話を聞いたら、その人が通っているディアブロ・バレー・カレッジ (Diablo Valley College)っていうコミュニティ・カレッジに2年間通って、3年生からアメリカの航空大学に編入するという進路を目指せるということを知って、これなら留学もできるし、パイロットになるための近道でもあると思って、高校卒業したらもう、そっちのほうに留学しようと考えています」

具体的ですね。

「自分は、なるべく具体的にって考えて生きてきました。具体的に明確な道を複数(自分の目の前に)出さずに、『絶対、こうすれば、こうなるだろう』みたいな変な自信持っちゃうと、失敗したときに『そのあとどうしよう』ってなっちゃうことがあるんで……。高校入ったころは法政大学とか桜美林とか、いろいろ探していたんですけど」

1931(昭和6)年、学生が操縦する複葉プロペラ機「青年日本号」での訪欧飛行に成功した航空部以来の歴史を持つ法政大学には、理工学部機械工学科に航空操縦学専修がある。フライト・オペレーション(パイロット養成)コースを持つ桜美林大学ビジネスマネジメント学群アビエーションマネジメント学類は2008(平成20)年に創設されている。つまり国内に道がないわけではない。それでも合州国で学びたいと思う理由は何ですか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)