女性に聞いた、結婚相手に望む年収 -「1000万円以下の生活が想像できない」

写真拡大

結婚生活において、避けては通れないのがお金の問題。

「愛があればお金なんて……」と口ではいうものの、本音とタテマエは違って当然だろう。

今回はマイナビニュース会員のうち独身女性300名に、結婚相手に望む年収の本音を聞いてみた。

Q.本音で言うと、結婚相手の年収はどのくらいがいいですか?1位 500万円以上600万円未満 21.3%2位 400万円以上500万円未満 16.7%3位 300万円以上400万円未満 12.3%4位 1000万円以上 9.7%5位 700万円以上800万円未満 7.7%■500万円以上600万円未満・「自分はお小遣い程度のお金を稼げは良い額なので」(28歳女性/医療・福祉/専門職)・「平均より上という感じだし、それだけ仕事で評価されている”仕事のできる人”という感じがする」(25歳女性/農林・水産/営業職)・「生活できる収入+αくらいが欲しいから」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)・「自分より多いが、世間で多すぎないくらいの適度な年齢相応の額」(33歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)■400万円以上500万円未満・「子育て中で私が働けないときでも生活できるぐらいは欲しい」(25歳女性/不動産/その他)・「それだけあれば充分な生活ができるし、老後の蓄えができそうな額だから」(27歳女性/その他/専門職)・「自分と同じくらいか、それ以上は稼いで欲しい」(24歳女性/電機/営業職)・「400万以上あれば、共働きできちんとした生活ができそう」(26歳女性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)■300万円以上400万円未満・「自分も働きたいし、2人の収入である程度の暮らしができればいいと思う」(23歳女性/情報・IT/技術職)・「貧乏でもいいから毎日食べていけるくらいの生活費は欲しい」(27歳女性/その他/その他)・「出産などで自分が働けない時期があってもどうにかなりそうな額」(32歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)・「生活していける最低金額だと思うから」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)■1000万円以上・「子供を不自由なく育てていきたいから」(31歳女性/金融・証券/事務系専門職)・「切り詰めた生活が嫌だから」(36歳女性/その他/事務系専門職)・「自分の生活レベルを落としたくないから」(34歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)・「自分の育った環境や、今や前の彼氏も皆それ以上なので、1000万円以下の生活が想像できない」(26歳女性/情報・IT/経営・コンサルタント系)■700万円以上800万円未満上・「子供を安心して育てられる」(24歳女性/商社・卸/事務系専門職)・「自分の親が1000万円以上なので、自分たちも、夫婦で収入を合わせてそのくらいになるように」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「年齢も考慮して、結婚相手となる人にはこれくらいが高めの理想」(35歳女性/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)・「セレブのママ友とは気が合わなそうなので大金持ちじゃなくていいけど、7〜800万円あれば生活に余裕ができるし、お金を気にせず子供も2.3人育てられるかなーと」(25歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)■総評1位となったのは「500万円以上600万円未満」だった。

「貯金もできるし旦那さん1人の収入で生活できる」という意見が多く、結婚したら仕事を辞め専業主婦になることを希望する女性たちに支持された。

また「少なすぎても困るし、多すぎても自分には釣り合わない」という意見もあった。

毎日でなくても良いので、たまにぜいたくができるくらいの額は欲しいと考えているようだ。

2位は「400万円以上500万円未満」で、「子育てするならこのくらい必要」「なんとか生活できる最低ライン」という回答が多かった。