冬場のお腹まわりは腸大事! インフルに打ち勝つためには。

写真拡大

街中では厚手のコート、マスク姿の人で溢れかえっている今日このごろ。完全防備で風邪になりたくない、風邪を迎え撃つ気がヒシヒシと伝わってきています。とは言っても、体調を崩してしまうのが世の常でありまして、この世の非情さに打ちひしがれながら、療養生活を送る人が100万単位でいるのも事実。今回は、布団の中を汗で濡らさないためにも心がけたいインフル対策を紹介します。

■免疫力が何より大事!

インフルに強い体をつくるために何より大事なのが「免疫力」です。小手先の風邪予防だけでなく、体の内部をつよめることができれば大抵の病気は防げるはず。

人間の身体の免疫力は何によって左右されるかというと「生活習慣」です。日々の過ごし方次第で免疫力は強くも弱くもなります。より具体的にどの部分に気をつければ良いかというと「腸」です。腸のコンディションが何より大事です。

なぜ腸が免疫システムを大きく左右するのでしょうか。なぜかというと、答えは簡単で「免疫システムが集中しているから」です。一説には70%ほどの免疫システムが腸の周りに集中しているとのことです。免疫力を高めたいなら、まず腸のコンディションを整えることが先決です。

■簡単に免疫力を上げる方法

具体的に何をすればいいのでしょうか。

添加物、抗生物質は避ける乳酸菌や乳酸菌を助ける食事をする良質なたんぱく質を摂る免疫力を高める3つのハーブを摂る

などなど、様々な方法がありますが、中々面倒ではあります。マメな人ならば、意識しながら続けることができると思いますが、できるならば楽に済ませたいのが本音です。

そんなめんどくさがり屋さんにうってつけなのが「サプリメント」を飲むこと。ドラッグストアやアマゾンで購入し、後は飲むだけという最も簡単な免疫アップ法です。では、どんなサプリメントを摂ればいいのでしょうか。

1. ビタミンA/B/C/E群

お馴染みのビタミン群です。

2. セレン

納豆に含まれるセレンは摂り過ぎると中毒になるので、摂取する際は注意が必要です。

3. 亜鉛

冬場の牡蠣が恐いという人はココアでも代替できます。

ダウンタウンの浜田雅功さんを筆頭に芸能界にも蔓延しているインフル。できることなら、インフルにかからずこの冬を乗り越えたいものです。

「一生インフルエンザにかからない体質の作り方(村上 一裕)」の詳細を調べる