「ママ友」不要は22.4%。 「育児の相談ができる」一方で「陰口がイヤ」

写真拡大

子供がいる母親同士で、日頃の子育ての悩みを話し合ったり、様々な情報を交換する「ママ友」たち。

公園などで会話をしている姿などを見ると、とても楽しそうに感じるのだが、実際のところ、お互いをどのように思っているのだろうか。

ママたちのコミュニティーサイト「ママスタジアム」のユーザー642人に聞いてみた。

「ママ友は必要だと思いますか?」という質問に、「はい」と答えた人は77.6%、「いいえ」は22.4%だった。

ママ友がいて良かったという回答からご紹介しよう。

■おしゃべりでストレス発散!・「ただ、話しているだけでストレス発散」(25歳女性/専業主婦/子供3人)・「旦那の愚痴に共感してもらえる」(30歳女性/専業主婦/子供1人)・「同じ歳の子供を持つ友達とは、悩みなど共感できるので気が楽になる」(26歳女性/パート・アルバイト/子供1人)■ママ友は頼れる存在・「いざという時に助け合える」(25歳女性/専業主婦/子供3人)・「私自身が体調不良の時、買い物をしてきてくれたり、子供の夕食を作って持ってきてくれたりします」(45歳女性/専業主婦/子供1人)・「学校行事に参加する時、一緒に行けるから心強い」(28歳女性/パート・アルバイト/子供1人)■情報交換ができる・「育児の相談やアドバイスをもらえる」(28歳女性/パート・アルバイト/子供2人)・「学校や幼稚園の情報が聞ける」(34歳女性/パート・アルバイト/子供2人)・「お互いの悩みを相談したり、子ども同士も交流したりでき、輪が広がる」(25歳女性/パート・アルバイト/子供2人)ここからは、「ママ友なんて必要なし! むしろママ友がいて困った」というエピソードをご紹介しよう。

■陰口にうんざり!・「ママ友って陰口ばかりだし、つるむのがめんどくさいです」(27歳女性/パート・アルバイト/子供1人)・「ありもしないうわさが流れたり、厄介なことに巻き込まれたりする」(25歳女性/専業主婦/子供2人)■お付き合いが面倒くさい・「飲み会など誘いが断りづらい」(28歳女性/その他/子供2人)・「子供の成長が早くて嫉妬された」(40歳女性/専業主婦/子供1人)・「しつけがなっていない子が遊びに来ると大変」(27歳女性/パート・アルバイト/子供2人)・「苦手なママさんの子供とうちの子が仲良くなっちゃって、仕方なく付き合いしている」(35歳女性/専業主婦/子供2人)・「子育ての情報交換ができるのはいいけど、付き合いが面倒」(28歳女性/専業主婦/子供1人)■思わず見栄を張ってしまう!?・「ママ友がお金持ちだと、その水準に合わせるのが大変」(38歳女性/パート・アルバイト/子供2人)■総評ママ友がいて良かったと答えた人の意見で最も多かったものは、育児の悩みなどを話してストレスを軽減できるというものだった。

子育ては体力を使うし、常に不安がつきまとうもの。

そんな時にママ友からアドバイスをもらうことで、精神的に安定できることが何よりもありがたいことなのだろう。

ちなみに、「自分が熱が出て辛かった時に、『病院行ってきな』と車で家まで来てくれ病院まで送ってってくれて、子供たちを公園で遊ばせてくれてた」といったエピソードも。

何とも素晴らしいママ友の絆である。

また、「旦那の愚痴を言い合って鬱憤(うっぷん)晴らし」といった回答もいくつか寄せられた。

子育てに協力していないという自覚があるお父さんは、少し気を付けた方がいいかも……。

奥さんがストレスをためているかもしれない。

一方で、ママ友がいて困ったという人の意見は、陰口が多かったり、うわさ話をされたりすることにうんざりする、といったものが多かった。

核家族化が進んで、子育ての負担が増加しつつある現代において、気の合うママ友と出合って、お互いに助けあいながら子育てができれば、これほど心強いものはないだろう。

調査時期: 2012年12月28日〜2013年1月6日調査対象: ママスタジアムユーザー調査数: 女性642名調査方法: インターネットログイン式アンケート