群馬県・水上高原スキーリゾートに、5歳以下専用の雪遊び専用広場オープン

写真拡大

ナクアホテル&リゾーツマネジメントが運営する「水上高原スキーリゾート」は2月1日、1〜5歳児のための雪遊び広場「パンダルマ・キンダーガーテン」をオープンする。

同スキー場では、2010シーズンよりスノーエスカレーター付き子ども専用広場「パンダルマ・キッズパーク」を設けるなど、ファミリーでも楽しめるスキー場として好評だという。

今回の「パンダルマ・キンダーガーテン」は、1〜5歳の子どもが安心して雪遊びのできる専用の雪遊び広場で、全国のスキー場でもまだ数少ない試みとなる。

同施設では”そり”の滑走距離を短めにした「そり広場」や、今シーズン発売開始した「スノーストライダー」の専用コースなどを用意。

その他、同エリア内に暖房付休憩室やトイレを設けるなど、1〜5歳児のためにさまざまな”遊び”と、”安全・安心”をそろえているという。

営業期間は、2月1日〜3月下旬(積雪状況による)。

営業時間は9時〜16時。

料金は、3歳以上800円で、引率の保護者も入場料が必要。

水上高原スキーリゾートのリフト券でも入場可能だが、大人だけでの入場は不可。

上記料金で「パンダルマ・キンダーガーテン」の利用のほか、「パンダルマ・キッズパーク」(スノーエスカレーター含む)も利用できる。

その他、詳細は同社Webページで確認を。