「プリペイド女子」が日本を救う? メンバーの”買い物術”の進化に注目!!

写真拡大

「Vプリカ」の記事をきっかけに、買い物好きの女子が集まって情報交換を行い、さらなるネットショッピング通を目指す『プリペイド女子会』。

3回目会合の後半では、この会でのメンバーの進化を如実に表すネットショッピング活用法から、第2回(「前編」「後編」)、第3回(「前編」)でVプリカを使ってみた感想まで、最終回にふさわしいとっておきトークを展開。

まずは前編の続き、”腐女子”吉沢さんのカミングアウト(!?)からスタートしよう。

メンバーは前回同様、主宰者でライフカード・プリペイド事業推進課の三井さん(20代)と、広報PR会社勤務の村山さん(仮名・20代)、銀行勤務の加藤さん(仮名・30代)、ITサービス会社勤務の平岡さん(仮名・20代)、ITサービス会社勤務の吉沢さん(仮名・20代)の計5人。

東京都・池袋の「夜桜美人」で開かれた。

三井:では早速、吉沢さんの買い物報告を聞かせてください!吉沢:前回(「前編」「後編」)の女子会で皆さんの韓国コスメがお得という話を聞いて、こんなことしている場合じゃないと思い立ったんです。

で、すぐにVプリカを追加購入して韓国コスメを買いました!村山:え〜! 化粧品を買ったんですね!! 何か欲しいものがあったんですか?吉沢:よくわからなかったので”肌ツルツル・潤い系”で売れ筋を検索して、上から順番に買いました!三井:プリペイド女子会が、吉沢さんの女子力アップにも役立ってよかったです〜(笑)。

で、他には何か買ったんですか?吉沢:いろいろ買いたいものがあってすっごく悩んだんですが、結局Bluetoothヘッドフォンにしました。

ところが、ちょっと失敗しちゃって。

思い切ってJBLやハーマンカードンといった有名メーカーにすればよかったんですけど、Vプリカは3万円までしか使えないと聞いていたので、もう少しお手頃なものを探しているうちにどんどん円安になっちゃって、送料や関税を加えたら日本で買っても変わらないような金額になってしまいました。

価格差が大きいものはいいけど、差が小さいものは気をつけないといけないですね。

三井:それは残念、思い切って奮発すればよかったのに〜。

というのも、昨年末からVプリカは10万円まで合算できるようになったんですよ。

村山:え! そうなんですか!! だったらブランドものなど高額なものも買えますね。

三井:私、すでにチャレンジしたんです。

MIUMIUのショップで見た財布が欲しかったけど、ちょっと高いかな、と。

そこで、海外在住のバイヤーが現地で買い付けてくれるBUYMAというサイトをチェックしたら1万円くらい安く買えそうだったので、思い切って注文しちゃいました〜。

平岡:高額なものをネットで買う不安はありませんでしたか?三井:決済システムがしっかりしていたし、支払いはVプリカですからね。

それに、バイヤーの方がとても親切で、『日本に到着しました!』などの発送状況を報告するメールを何度かいただいたので安心して取引できました。

しかも配送の関係で到着予定日よりも2週間くらい遅れたんですが、迷惑料として割引もしてくれましたよ。

平岡:それなら安心ですね。

私もチェックしてみます! ブランド物は、他にも会員制のブランドサイトなど見ると、メチャメチャ安いですもんね。

ショップで試着して買ってみようかな…。

三井:いろいろなサイトでVプリカを使っていただいたようですが、ぜひ感想を本音で聞かせてください。

吉沢:とっても良かったです。

いい経験になりました。

支払方法でクレジットカードや代引きとかを選択する画面にVプリカも加えて欲しいです。

村山:日本では売っていない日用品や化粧品などを買いたいと以前から興味があったので、いいきっかけになりました。