テーブルウェア・フェスティバル2013 〜暮らしを彩る器展〜

 

テーブルウェア・フェスティバル実行委員会が、食生活文化ならびにテーブルウェア文化の向上をテーマとした「テーブルウェア・フェスティバル2013 〜暮らしを彩る器展〜」を、2013年2月4日(月)~2月11日(月・祝) 8日間、東京ドームにて開催します。

今回で第21回目を迎えるテーブルウェア・フェスティバルは、毎年約30万人の来場者を迎え、その充実した内容は各方面から高い評価を得ています。また、彩りや潤いのあるライフスタイルの楽しみ方を提案する“器の祭典”として、上質な暮らしを求める来場者が多いのも特徴です。

今年の特別企画は「遊彩の食卓」「暮らしの中のゆとりを創新〜信楽焼〜」「ガラスで愉しむ彩りの食卓」の3つが用意されています。

 

テーブルウェア・フェスティバル2013 〜暮らしを彩る器展〜

 

「遊彩の食卓」では、海外でも人気の高い歴史と伝統を誇る上質な陶磁器を使用した、上質でありながらも、カジュアルで温かな食卓の提案がされます。

「暮らしの中のゆとりを創新〜信楽焼〜」では、世界でも非常に稀有で貴重な粘土から作られる日本最古の窯である「日本六古窯」のひとつとして知られる信楽焼焼物を用いた、自然の陶土が織り成す深い味わいの中に、温かくどこか親しみやすい焼物の魅力が提案されます。

「ガラスで愉しむ彩りの食卓」では、高品質で繊細なデザインが魅力のガラス食器、普段の生活に欠かすことのできないグラスウェアだからこそ出来る、食卓を豊かに彩るセッティングが提案されます。

 

テーブルウェア・フェスティバル2013 〜暮らしを彩る器展〜

その他にも、新企画「サロンセミナー」、特設ステージイベント、第21回テーブルウェア大賞、展示販売コーナーなど様々なイベントが用意されています。

 

[開催概要]

名 称:テーブルウェア・フェスティバル2013 〜暮らしを彩る器展〜

開 催:2013年2月4日(月)〜2月11日(月・祝) 計8日間

公式HP:http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

会 場:東京ドーム( 東京都文京区後楽1−3−61 )

主 催:テーブルウェア・フェスティバル実行委員会(読売新聞社、株式会社東京ドーム)

後 援:経済産業省、東京都、滋賀県、甲賀市、NHK、公益社団法人日本陶磁協会、読売光と愛の事業団、NHK厚生文化事業団、NPO法人食空間コーディネート協会、文化放送

入場料:前売券 1,700円/当日券 2,000円(全て税込。小学生以下は無料。但し大人要付添)