こんな男とは付き合うな!「束縛男子」「浮気男子」「モラハラ男子」

写真拡大

「そんな彼とは恋愛しちゃダメ!」と友人に忠告をするのは簡単なもの。

ですが、自分のことになってしまうと、その客観性は失われがちなものです。

特に、初期は「好き」という気持ちが先行してしまう恋愛心理があり、相手の欠点に目が行かなくなってしまうこともあります。

危険なカレを上手に避けて、長くお付き合いできる・結婚できる彼氏を探しましょう。

■束縛の激しい彼氏とは付き合うな!束縛の激しい男性には、近寄らないようにしましょう。

あなたの行動を管理・監視したり、ファッションや友人関係に口出ししたり、「お前の味方は自分だけだ」と思わせるような行動をとったりするような男性は、どう考えても良好な関係を作っていけるとは思いません。

このような男性は、自分の子供が思い通りにならないと感情的になることもあります。

夫にすると危険なタイプだともいえるでしょう。

■浮気する彼氏とは付き合うな!女ったらしの男性は、女性から見て魅力的な容姿をしていたり、女性の扱いにたけていたりするもの。

ついときめいてしまうのも、しょうがないことかもしれません。

ですが、浮気グセがある彼氏は選ばないようにするべきです。

男性の浮気グセは、彼女の力ではなかなか改善することができません。

よほどほれ抜いた女性ならば浮気も治るかもしれませんが、なかなかそんな「奇跡」は起こりません。

身の回りのかわいい女の子にちょっかいを出しているような気配があれば要注意です。

また、キャバクラ好き・風俗好きな男性にも注意を払いましょう。

■言葉の暴力で、あなたの気持ちをズタズタにするような男性とは付き合うな!言葉や態度であなたを攻撃してくる男性もいます。

「お前の言っていることは筋が通っていない」「バカなんじゃないの、やっぱり女は頭が悪いなあ」などとねちっこく攻撃してくる彼氏もいますし、女性のコンプレックスをわざと攻撃してくるような男性もいます。

「お前、デブだなあ」「ちょっとは痩せれば?」「服がダサイから一緒に歩くのが恥ずかしいよ」「前に付き合っていた彼女は、そんなことしなかったのにな〜」などという言葉を投げつけてくる男性と、安らいだ関係を作ることはできるでしょうか。

辛口に彼女のことを採点する男性は、自分に対してだけは点が甘いもの。

「お前が言うか!」というような男性がこういう発言をすることもあります。

大切な家族や友人、会社や同僚の悪口を言ってくることも。

そんな男なんて、こちらから願い下げです。

このような男性と長く一緒にいると「どうせ私なんか」「私はブスだし、デブだし」などと落ち込んで卑屈になってしまうことがあるかもしれません。

一刻も早く、そんな彼氏とは離れたほうがいいでしょう。

ダメな彼氏とわかっていても付き合い続けるのか、それとも別れて別の男性を探すのか。

それはあなた次第ではありますが、少なくとも付き合う前にこういう片りんが見えていたのであれば、「ハンサムだからもったいない」「おごってくれるし、気前もいいし」などといいところだけを見ようとするのではなく、恋愛対象として見ないようにするべきでしょう。