昼前に糸井嘉男のMLBポスティング移籍の話を書いた。このままでは馬鹿みたいに見えるので、午後になって決まった大型トレードについて記しておく。何があったというのか?

ダルビッシュは「ありえん」とtweet

率直に言って、このトレードでは日本ハムは引き合わない。実績は積みあがっているが「時価」でいえば、1.5軍程度の選手と、ぴか一の外野手を交換したことになるからだ。

オリックスから日本ハムへ
hiroshi-kisanuki



keiji-obiki



syougo-Akada



木佐貫はもはやベテランの領域に達する先発投手。調子の良いときはQSをほぼクリアできる安定感があるが、成績を見てもわかる通り、2年連続して活躍したことが無い。先発の5番手程度の投手だ。

大引は、レギュラー遊撃手。守備は堅実ではあるが、打撃は弱い。日本ハムは金子誠の衰えに伴って中島卓也、飯山裕志を併用しているが、打撃はこれより少しましな程度。田中賢介の穴埋めとしても物足りない。

赤田は32歳だが盛りが過ぎた印象。外野のレギュラーとして考えるには無理がある。

日本ハムからオリックスへ

tomoya-yagi




yoshio-itoi




八木智哉は先発一本の投手でありながら、2年目以降規定投球回数に達したことが無い。必ず故障をする投手と言っても良い。
そして、昼にも言及した糸井。パリーグ、いやNPB最強の日本ハム外野陣の中心選手である。

なぜ、糸井を放出するに至ったのか。見返りはこれで十分なのか。MLBポスティング移籍の話と相まって、誠に謎めいている。

日本ハムの山田正雄GMは「先発ローテーション投手と、レギュラーとして実績のある野手2名を獲得できたのは、中長期に戦力バランスを整えていくうえでも非常に価値があります」と言っているが、いくらサイドメニューを並べ立ててもメインディッシュとは引き合わないのではないか。

恐らく、今回のトレード劇の真相は、これから明るみに出るのだろう。糸井は来年、オリックスからMLBに行くことができるのだろうか?