iPS、薄毛治療につながる可能性

ざっくり言うと

  • iPS細胞を用い毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に再生させることに成功
  • 大山学慶応大専任講師らの研究チームが米科学誌電子版に発表
  • チームは「脱毛症の治療や、育毛剤開発につながる可能性がある」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング