文: 編集部  協力: 代官山蔦屋書店

2011年12月、代官山に誕生した TSUTAYA による集合施設「代官山蔦屋書店」。専門性を重視し、一般の書店とは大きく異なるレイアウトを展開している同店では、全国の公募から選抜された各ジャンルの専門エキスパートであるコンシェルジュの個性に任せて、商品そのものというよりはそのトータルな世界観やスタイルを提案している。今回、『THE FASHION POST (ザ・ファッションポスト)』の読者のために、旬な雑誌を10冊紹介してもらった。

1. CR Fashion Book issue1

CR Fashion Book

元フランス版『Vogue (ヴォーグ)』編集長の Carine Roitfeld (カリーヌ・ロワトフェルド) が手がけた新雑誌『CR Fashion Book (CRファッションブック)』。記念すべき issue1 のテーマは「Rebirth (新生)」。Tom Ford (トム・フォード)、Karl Lagerfeld (カール・ラガーフェルド)、Sebastian Faena (セバスチャン・ファエナ)、Pierpaolo Ferrari (ピエルパオロ・フェラーリ) といった豪華なフォトグラファー陣が参加している。また、村上龍による坂本龍一の人間性と音楽についてのエッセイも日本語で収録されている。大変貴重な創刊号であることは間違いない。

価格: 2,625円
購入はこちらから

 

2. ACNE PAPER issue14

日本への初出店で話題を呼んでいるスウェーデンを代表するブランド「Acne (アクネ)」。彼らが発行するビジュアル誌『ACNE PAPER (アクネ・ペーパー)』の issue14 がこちら。創刊は2005年。17年間フリーランスジャーナリストとして、『Self Service (セルフサービス)』などで執筆していたThomas Persson (トーマス・パーソン) を編集長に、「美術史、学界、小説、自伝、文化とファッション」といった視点から構成されている。そして、なんと想定する読者層は18歳から90歳!!確かに、年齢に関係ない普遍的ななにかが、ビジュアルにもストーリーにも感じられる。“The Manhattan issue”と名付けられた最新号の表紙はMikhail Baryshnikov (ミハイル・バリシニコフ)、Richard Serra (リチャード・セラ)、Fran Lebowitz (フラン・リーボヴィッツ) の3パターン。

価格: 2,184円
購入はこちらから

※表紙はお選び頂けません。

 

3. KINFOLK issue6

人気雑誌『KINFOLK (キンフォーク)』の最新号 issue6。今号もさまざまなレシピ、季節の食べ物がたくさん紹介されている。他にも、山にもみの木を採りに行ったり、火をおこすためのセッティング方法の解説ページなど、アウトドアなページがステキな写真で組まれている。特におススメは樹を特集したコーナー。深緑の木々に、漆黒の幹の写真、それぞれの樹になる実がイラストでも紹介されている。

価格: 1,663円
購入はこちらから

 

4. GATHER journal issue2

『NYLON (ナイロン)』の元編集者である Fiorella Valdesolo (フィオレラ・ヴァルデソロ) と Michelle Outland (ミッシェル・アウトランド) の2人が創刊したニューヨーク発のフードマガジン『GATHER journal (ギャザー・ジャーナル)』の issue 2。前号も早々に売り切れてしまった人気商品だ。今号は「冬」を感じる1冊。サーモンや、きのこ類、ガトーショコラにホットワインなどの艶やかな写真に、一面雪景色の白い世界に、木々にさららさらと積もる粉雪の写真が混じり合っている。後半では、“The beautiful decay”と題し、フルーツや野菜が腐敗していくシーンが写されている。すでに春の号が待ち遠しい1冊だ。

価格: 1,848円
購入はこちらから

 

5. STYLE.COM magazine 2013 SPRING issue3

ファッションサイトの草分けともいわれ、世界のランウェイショーや最新のファッションニュースを提供する『STYLE .COM (スタイル.com)』より issue3 が入荷。ページビュー数から見るコレクションブランドTOP10からはじまるあたりがさすが『STYLE.COM』。ブログ『JAK&JIL (ジャック&ジル)』を主宰するTommy Ton (トミー・トン) によるスナップ・フォトページ、各ショーやパーティーのインビテーションを紹介するページ、アフターパーティーのスナップページなどファッション・アディクトにはたまらない内容だ。今回表紙を飾ったのは注目の英国人モデル、Cara Delevingne (カーラ・デレヴィーニュ)。

価格: 1,663円
購入はこちらから 

 

2/2 ページ: 後半にはNIGO氏の自宅やお気に入りアイテムが登場

6. apartamento issue10

 発売前から予約の入る人気雑誌『apartamento (アパートメント)』の issue10。ニューヨーク在住のデザイナー、Jim Walrod (ジム・ウォルロッド) の Mark Gonzales (マーク・ゴンザレス) から譲り受けたというチャイナタウンのアパート、『DIS』マガジンの編集者の David Toro & Solomon Chase (デイヴィッド・トロ & ソロモン・チェイス) の部屋などが紹介されている。他にもドローイング作家 Aurora Altisent (オーロラ・アルティセント) へのインタビューや彼女の作品ページ、そしてElein Fleiss (エレン・フライス) や Ai Weiwei (アイ・ウェイウェイ) のエッセイなども掲載されている。今号も誌面の隅々までちょっとした生活のアイデアや、ユーモアが満載だ!

価格: 2,310円
購入はこちらから

 

7. PEARLS issue1

『GREEN Neighborhood (グリーンネイバーフッド)』の著者、吹田良平が手がける雑誌『PEARLS (パールズ)』。巻頭には、「この雑誌を通じて伝えたいのは、好奇心や想像力を持つことで、人生はどこまでも豊かになれるということ。。果たして今自分たちは幸せだろうか?」とのメッセージがあり、雑誌作りを通して彼ら自身がさまざまな思いを抱えてインタビューを通して前進していこうとする姿勢が垣間見れる。今回、自分のパーソナルな楽しみを仕事に生かしている人たちをインタビューしていて、サンフランシスコの FOURBARREL (フォーバレルコーヒー)、代々木上原の花屋 the little shop of flowers (ザ・リトル・ショップ・オブ・フラワーズ)、恵比寿にあるライフスタイルショップの Farmer's Table (ファーマーズ・テーブル) などを取材している。後半は『PEARLS』の編集者、晴航平によるポートランドのトラベルエッセイも掲載。

価格: 1,000円
購入はこちらから

 

8. SIGN PAINTING in SAN FRANCISCO

サンフランシスコのサインペイティングを集めたスタイリストの本間良二によるzine、『SIGN PAINTING in SAN FRANCISCO (サインペインティング・イン・サンフランシスコ)』。カッコいいものから、ちょっと笑えるファニーなものまで、古き良きアメリカを感じることができるステキな1冊だ。

価格: 840円
購入はこちらから

 

9. INVENTORY issue7

毎号スタンダードなモノ作りを紐解くカナダ発の雑誌『INVENTORY (インベントリー)』の最新号。表紙を飾ったのは NIGO。他にも Workers (ワーカーズ)の舘野高史、モデルの柳俊太郎、お店紹介では COW BOOKS (カウ・ブックス) や Papier Labo (パピエラボ) が登場している。特に、NIGOの自宅、お気に入りアイテムの紹介は必見!

価格: 2,801円
購入はこちらから

 

10. ODDA magazine issue3

ファッション誌を中心に活躍するモデル、Sebastian Sauvé (セバスチャン・ソーヴェ) が2012年に創刊したばかりの雑誌『ODDA』のissue3。issue1より参加しているスペイン人フォトグラファー Juan Martín (フアン マルティン) が今回も表紙を撮影している。『Vogue (ヴォーグ)』や『V (ヴイ)』でも活躍している人気スペイン人イラストレーター、Ignasi Monreal (イグナシ・モンレアル) による2013年春夏の「Trend panel men」では、イラストと写真をコラージュしながらアクセサリーを紹介していてとても新鮮だ。現役モデルがクリエイティブディレクターを務めているだけあり、モードな誌面構成やファッションフォトが秀逸。

価格: 4,410円
購入はこちらから

Tweet Daikanayama TSUTAYA BOOKS Shop代官山蔦屋書店 20130123tsutaya3 Shop Information エリア: 代官山
住所: 東京都渋谷区猿楽町17-5 Daikanyama T-SITE蔦谷書店
営業時間: 7:00 - 26:00 (1F) / 9:00 - 26:00 (2F)
定休日: 不定休
TEL: 03-3770-2525
HP: http://tsite.jp/daikanyama/store-service/tsutaya.html
詳細を見る