CSJ、カーシェアリング業界初の「3時間パック」導入。利用料金値下げも

写真拡大

カーシェアリング・ジャパンは、同社が運営するカーシェアリング・サービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」で、2月1日から「3時間パック」を導入。

また、一部利用料金の値下げを行う。

「3時間パック」では、3時間2,000円(別途、距離料金が必要)で同サービスの主力料金プランである「バリュープラン」の利用が可能。

ハイブリッドカーの「プリウス」「プリウスPHV」、多人数で乗れる「ヴォクシー」「フリード」、スポーツカータイプの「ハチロク」「CR-Z」など、全ての車種で一律料金となる。

また、「3時間パック」の導入に伴い、一部の料金プランで「6時間パック」の値下げも実施。

「プリウス」を例にとると、従来の5,900円から4,000円となり、約22%の値下げ(「バリュープラン」の場合)になるという。

なお、同社では新料金導入を記念して、記念キャンペーンを実施。

新規契約の個人会員を対象に、入会金無料(通常は4,980円)および、毎月1,000円分の利用クーポン(利用開始月より5カ月間)をプレゼントする。

期間は1月21日から3月31日まで。