【男性編】昔のインターネットにありがちだったことランキング
回線スピードの遅さが目立った





インターネットやパソコンなどのIT関連サービスは、日々進化し続けています。少し前にありがちだったトラブルも、今では解消されていることは多いですよね。そこで、マイナビニュース会員の男性450名に、昔のインターネットサービスにありがちだったトラブルや出来事を聞きました。





Q.昔のインターネットにありがちだったことを教えてください(複数回答)

1位 画像がなかなか読み込めない 26.2%

2位 キリバン 23.6%

3位 途中で回線が切断される 20.9%

4位 ネットにつなげるときに「ピーヒョロロロ」みたいな音がなる 20.2%

5位 文字化け 13.3%







■画像がなかなか読み込めない

・「昔は特に遅かったように思います」(29歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「画像表示に5分ほどかかるので、ワクワクしながらモニターの前で待っていました」(29歳/自動車関連/技術職)

・「初めてブロードバンドに接続したときの爽快(そうかい)感は忘れません」(37歳/機械・精密機器/技術職)





■キリバン

・「キリバンを踏んだ人にプレゼントとかあった」(22歳/建設・土木/技術職)

・「何が楽しいのか理解できませんでしたが、キリバンで騒いでいましたね」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「キリバンを目指してよくF5を連打していました」(29歳/情報・IT/技術職)





■途中で回線が切断される

・「回線状態が悪かったからでしょう」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ダイヤルアップだったのでよく切れました」(30歳/金融・証券/営業職)

・「今でもスマホでよく起こりますよ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■ネットにつなげるときに「ピーヒョロロロ」みたいな音がなる

・「モデムの音は懐かしいですね」(35歳/情報・IT/技術職)

・「ダイヤル回線を思い出す。テレホーダイとか懐かしい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ダイヤルQ2につながっていたときは焦った……」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)





■文字化け

・「今でもよくありますが……」(32歳/マスコミ・広告/技術職)

・「暗号かと思っていました」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「とにかく文字化けが嫌いでしたね」(25歳/情報・IT/技術職)





■番外編:インターネット使い放題なんて夢のよう

・管理人室「いまどきは聞かないです」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・時間による課金なので、長時間できない「必要最低限のことしかインターネットではしませんでした」(28歳/情報・IT/技術職)

・右クリック禁止「そういえば、右クリック禁止を最近見なくなった気がする。なぜだろう」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)





総評

1位は「画像がなかなか読み込めない」でした。今のように光回線などの高速回線インフラが整備されていなかったですものね。「わくわくする人」「イライラする人」とわかれたのが印象的でした。ビジネスシーンだと、イラッとする人が多かったのかもしれません。





2位は「キリバン」でした。訪問者数がカウント表示されるホームページは、ホントに見なくなりましたよね。中には「プレゼントがもらえた」なんてコメントもあり、キリバンが近いと再訪問して狙っていた人もいたようです。





3位は「途中で回線が切断される」でした。以前は電話回線でインターネットをつないでいたので、通信環境が原因でしょう。「モデム」「ダイヤルアップ」という言葉を久しぶりに聞きました。きっと若い世代は、知らないのではないでしょうか。





4位のモデム音も含めて、電話回線によるさまざまな不具合が、今となっては懐かしい思い出に感じる人が大勢いることがわかりました。今回の結果を見て以来、インターネットをするたびに「ピーヒョロロロ」というアノ音が頭の中をかけめぐっています。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)





調査時期:2012年11月9日〜2012年11月18日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性450名

調査方法:インターネットログイン式アンケート