不況でも親が”死守”する教育費--子供の「習い事」っていくらかかるの!?

写真拡大

子供の習い事と言えば、スポーツだと野球やサッカー、インドア系ですとピアノやエレクトーン、習字などがあります。

最近では水泳を習わせる親御さんも増えているそうです。

では、そういった習い事にかかる初期コストはいくらぐらいなのでしょうか? 必要な用具を中心に、どれくらいコストがかかるか調べてみました。

まずはスポーツ系の習い事のコストを計算してみましょう。

少年野球少年野球は男の子の習い事の代表的なものです。

最近では女の子も参加したりします。

少年野球にかかる費用は主に下記の通りです。

月謝……2,000-3,000円バット……5,000円-10,000円バットケース……1,500円-5,000円グローブ……5,000円-13,000円スパイク……3,000円-5,000円ソックス……1,000円程度(複数足セット)最低限必要なものを挙げて、費用を調べたところ、このようになりました。

バット、グローブ、スパイクは少年野球用だと高くても上限はこのくらいでしょう。

合計すると、最低でも17,500円は必要となります。

ユニフォームやヘルメットなどはチームからの貸し出しとなるケースが多いので省きました。

少年サッカー日本代表の活躍で、ますます盛り上がる日本サッカー界。

「子供にも習わせよう」というお父さん、お母さんも増えました。

サッカーを習わせる場合にかかる費用を調べました。

月謝……2,000円-3,000円スパイク……3,000円-6,000円ソックス……500円-1,000円サッカーはスパイクとソックスを購入すれば、ユニフォームなどはチームから貸し出しというケースが多いようです。

また、ユニフォーム買い取りの場合は、5,000円ほどかかります。

自宅での練習用にボールを購入する場合は1,500円、ミニゴールは6,000円ほどで購入できます。

これらを含めても、20,000円以内にはおさまりそうですね。

スイミングここ数年、子供の習い事として非常に人気が高いのがスイミングです。

では、スイミングを習わせる場合は、どんな名目でいくら費用がかかるのでしょうか?入会費……3,000円-5,000円月謝……7,000円-10,000円水着……3,000円-5,000円キャップ……1,000円会費は月額です。

週に何回通うかによって値段は変わります。

水着やキャップは、スクールで指定しているところがほとんどです。

また、スクール専用のバスでの送迎を希望する場合は月会費に3,000円ほどプラスされます。

一般的なスイミングスクールではこれぐらいの金額になりますが、一部の有名スクールは0が1つ加わるそうです。

体操体操もここ数年で人気が高くなっています。

体操日本代表がオリンピックなどで活躍した影響が強いようです。

入会費……3,000円-5,000円保険代……1,000円-1,500円月謝……5,000円-8,000円ユニフォーム代……3,000円-5,000円体操クラブも週に何回通うかで月の会費が変動します。

週に1回なら3,000円程度でしょう。

上記の金額を合計すると、最低でも12,000円になりますが、初期費用が全部で10,000円程度でおさまる体操クラブもあります。

そこまで高くない感じですね。

習字習字も習い事の代表的なものの1つですよね。

「習っていた」という人も多いのではないでしょうか?入会金……2,000円-8,000円月謝……4,000円-6,000円用具代……3,000円-4,000円初期費用は大体、10,000円以内になるようです。

ただ、書道教室によっては「会費」という名目で、月謝とは別に納めないといけない費用が発生する場合があります。

初期費用はこの程度で収まりますが、新しい教本が必要になったり、半紙代などが必要になったりします。

そろばんそろばん教室に通う人は以前よりは少なくなったそうですが、それでも根強い人気を誇る習い事です。