2012年の電動アシスト自転車、販売台数が24%増 - GfK Japan

写真拡大

ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンは21日、全国の総合スーパー、ホームセンターおよび家電量販店における「2012年の電動アシスト自転車の販売動向」を発表した。

2012年における電動アシスト自転車の販売台数は前年比24%増となった。

同年上半期は17%の伸長で折り返し、下半期は、11、12月の販売が著しく拡大した結果、30%増となった。

既存主要メーカーの安定成長に加え、店頭売価5万円前後の価格訴求力を備えた商品を発売する新規参入メーカーの存在もあり、市場は年後半に向かうにつれ、活況を呈した。

この傾向は当面続くと考えられ、最大商戦期である3、4月の需要にも大きな弾みをつけるものであるといえる。

2012年の特徴としては、バッテリーの大容量化がさらに進んだことが挙げられる。

特に8Ah(アンペアアワー)以上のバッテリーを搭載した商品の数量構成比は、2011年の32%から2012年は53%へ上昇した。

従来、バッテリー容量8Ahが各社の最高スペックであったが、2011年以降、12Ahなどさらにバッテリー容量の大きい製品を本格展開するメーカーが現れた。

それに伴い8Ahクラス商品の店頭売価に相対的な割安感が生じた。

加えて8Ahの商品群における競争が激しくなり、下位スペックである4Ah未満の商品群との価格差が縮まった。

こうしたことにより、8Ah以上の商品群は消費者の支持を集め、販売数は前年の約2倍となった。