大阪府・海遊館で、節分の鬼がサメの水槽に潜るイベント開催

写真拡大

大阪府大阪市の水族館「海遊館」は、2月3日まで、節分の豆まきに登場する”オニ”にちなんで、オニの衣装を身に着けたダイバーが水槽に登場する「オニさんダイバー」を開催している。

「節分の日」にちなんだ同イベントは、ジンベエザメの泳ぐ「太平洋」の水槽で、「オニさんダイバー」がアクリルパネルや底砂の清掃作業を実施するというもの。

作業の合間には記念撮影にも応えてくれる。

開催時間は、11時、13時15分、15時40分からの1日3回。

各回とも約40分間の登場し、期間中は毎日行われる。

また、2月3日の「節分の日」には、サケ、シシャモ、イカなどの具材と、氷をサケのスライスでのり巻きのように巻いた「氷の恵方巻き」をラッコにプレゼント。

そのほか、2月12日から「バレンタインデー」の2月14日までは、コツメカワウソやカピバラ、アカハナグマなどの生き物たちに、ハート型をした餌をプレゼントする「生き物たちにバレンタインプレゼント」も開催するとのこと。

詳細は、同館公式ホームページで見ることができる。