遼は面識のあるデイ&コルサーツとのペアリングを歓迎!(撮影:福田文平)

写真拡大

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 事前情報◇22日◇トリーパインズGC>
 米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の、予選ラウンドのペアリングが発表され、石川遼はジェイソン・デイ(オーストラリア)、ニコラス・コルサーツ(ベルギー)と同組で北コースの10番から9時10分にスタートすることが決まった。
先週のプレーを1打速報で振り返る
 この日石川は、そのジェイソン・デイと途中から合流して、北コースから南コースへ9ホールずつ練習ラウンド。デイとはプレジテンツカップ以来の再会となるが、ラウンド中はデイのコーチも交えてスイング談義を繰り広げながらコースをチェックした。
 予選ラウンドがデイとコルサーツと同組となることには「最高の組に入れてもらった。2人とも話したことがある選手」と歓迎。コルサーツも、ロイヤルトロフィや米ツアーで回った経験もあるだけに、石川にとっては好材料となりそうだ。
 予選ラウンドで1度だけ使用する北コースは、メインの南コースに比べて距離が短くスコアを出しやすいセッティング。「ノースコースはスコアのいい人で6アンダー、7アンダーくらい出てくる。3人でアグレッシブに伸ばしていくことにこだわりたい」。上位進出を目指すべくまずは北コースでいいスタートを切りたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
石川遼のスイング動画2013年バージョン
最新のゴルフギア情報をチェック
【コラム】石川遼の本当のライバルとは?
ヨネックス社長が遼にエール「日本の宝、活躍祈っている」