東京都町田市に、リスだらけの動物園があるの知ってる!?

写真拡大

東京近郊の動物園レポート第2回は町田リス園。

さまざまな種類のリスたちがいっぱいです。

リスたちに直接ごはんをあげることもでき、彼らの日常にふれることができました。

入場してすぐに目に入るのは、すばしっこく走り回るアカリスという種類のリスさん。

細いスロープの中、追いかけっこをしたかと思えば、今度はごはんをパクパク。

落ち着きのなさに驚かされますが、どの姿もかわいいです。

よく観察すると、小さな手を使ってごはんを器用に食べています。

尻尾のくるっとしたカーブがなんとも愛らしいです。

園内にはリスの他にうさぎ、タイハクオウム、モルモットなども。

放し飼いになっているメイン広場へ向かいます。

広場にはタイワンリスという種類のリスが暮らしています。

その数なんと約200匹。

歯がとても強力なので注意が必要です。

なお、ごはんをあげるときは手袋をつけます。

ここでは、ごはんをもっていると一躍人気者になれます。

「ちょうだい!」とばかりに寄ってくるので、少しずつあげましょう。

ごはんをあげていて驚かされるのが、リスたちの元気さと大胆さ。

細い道を駆けるのはもちろん、狭いところにもジャンプ。

いつまで見ていても飽きません。

なかには巣穴から顔だけ出していたり、逆に頭だけ突っ込んでいたりと、自由に暮らす姿を見ることができました。

リスたちも人間にどんどん近寄ってくるのですが、なかには膝や腕に乗ろうとする子たちもいました。

そのほかにも、日なたぼっこしながら寝ている子や、巣作りをがんばっている子も。

巣作りは、特にこの時期にしか見ることができないそうです。

ギフトショップには、リスたちの写真をおさめたポストカードや、各種ぬいぐるみがずらり。

リスアイテムをそろえたい人には必見です。

リスたちととても身近に過ごすことができる町田リス園で、リスたちのいろいろな表情を見つけてください。

■スポット情報店名:町田リス園場所:東京都町田市金井町733-1営業時間:10:00-16:00。

12月は15:00まで。

3月〜10月の日祝日は17:00まで。

火曜休(祝日開園、翌平日休)。

12月27日〜1月2日休。

6、9、12月の第一火曜〜金曜休入場料:大人(中学生以上)400円、子供(3歳以上)200円、団体割引あり<著者プロフィール>一色千里ハンドメイドや動物、街歩きや旅をテーマに撮影と執筆を手がける。

著書に「東京手づくり市マップ」「東京ねこ街案内」(角川グループパブリッシング刊)などがある。

新著「カワイイ動物カフェへようこそ!」が日本工業新聞社より2012年11月2日に発売!猫情報を配信するちまたの猫暮らしを運営するほか、物語で街と人をつなぐ「本のカケラ」など街イベントも積極的に企画。

ホームページ、ツイッターも運営中。