ヤマハ、特別仕様車「SR400 35th Anniversary Edition」を限定発売

写真拡大

ヤマハ発動機は22日、1978年にデビューしたロングセラーモデル「SR400」の発売35周年を記念した特別仕様車「SR400 35th Anniversary Edition」を、8月末日までの受注期間限定で2月14日に発売すると発表した。

今回発表された特別仕様車は、SR400の基本車輛をベースに、35周年の歴史を演出するクラシック感あるボディカラー「ダークグレイッシュグリーンメタリック1」(リーフグリーン)、専用ボディ色にあわせたシルバー塗装フレーム、ブラウン系ツートンシート、記念ロゴ入りブラック文字盤のメーター、ガソリンタンク側面にゴールドのYAMAHAロゴなどを採用。

また、35年のロングセラーモデルとなった謝恩価格として、価格設定を53万5,500円としている。

なお、SR400は「2012年度グッドデザイン賞」の特別賞である「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。

同賞は、ものを大切に作り、使うことの重要さを広く呼びかけるため、グッドデザイン賞を10年以上前に受賞した商品、あるいは発売以来10年以上継続してユーザーに支持されている商品に贈られる賞とのこと。