インフルエンザ治療薬の「タミフル」「リレンザ」とは?

写真拡大

インフルエンザは毎年12月から3月にかけて、流行のピークを迎える。

第一三共は今冬のインフルエンザの傾向と治療最前線について、1月11日にメディア向けにワークショップを実施した。

ワークショップでは、川崎医科大学の中野貴司教授が登壇。

まず、今冬のインフルエンザの動向として、昨年度(2011年〜2012年)に引き続きAH3亜型(A香港型)が最も多く検出されていると発表した。

また、流行の始まりは昨年度より遅い傾向にあるが、1月上旬以降は例年通り流行が急速に拡大し、1カ月もすればピークを迎えるという。

昨年度におけるインフルエンザの流行状況をみると、基幹定点医療機関(※1)からの報告では、重病患者(※2)は1,487人、入院患者は1万1,118人だった。

また、インフルエンザの外来受診者は約1,648万人であり、国民10人にひとりは医療機関に受診しているという計算になる。

一昨年度での外来受診者は約1,159万人だったことを考えると、患者数は拡大していることがうかがえる。

また、医療機関を受診した患者を年齢別に見ると、0歳〜14歳までの小児が多いが、入院・重症患者数を見ると、60歳以上の高齢者の比率が高まっている。

この状況に対して中野教授は、「高齢者がインフルエンザにかかった場合、重病化や、肺炎などの呼吸器合併症などによって死亡するケースがあるため、特に注意が必要」とコメントした。

※1)全国約500カ所の機関で、入院患者数および重病患者数は全国の総数ではないため、総数はもっと多い※2)入院時において、集中治療室に入室、人工呼吸器の使用、頭部CT検査や脳波検査などの頭部検査を実施・実施予定の患者では、インフルエンザにかからないようにするにはどうしたらいいのか? 中野教授は以下の5点を指摘した。

手洗い、うがい付着したインフルエンザを物理的に排除する人ごみへの外出を控え、外出時にはマスクを着用ウイルスとの接触や身体への侵入を回避する適度な湿度の保持空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下する十分な休養と栄養摂取身体の抵抗力を高める流行前のワクチン接種ただ、インフルエンザワクチンはポリオワクチンなどと比べると、有効率は下がるという。

加えて、どの程度効果が見込めるかは、発症予防か死亡回避かという指標と、その患者の年齢によって有効率が変わってくる。

例えば、発病予防を指標とした場合、小児の有効率は30%前後だが、高齢者の有効率は34〜55%と報告されている。

インフルエンザを発症してしまった場合、国内ではどのような治療がなされるのか。

抗インフルエンザウイルス薬には、「タミフル」(薬品名は「オセルタミビル」)や「リレンザ」(薬品名は「ザミナビル」)、「イナビル」(薬品名は「ラニナミビル」)などがある。

「タミフル」や「リレンザ」は1日2回内服、もしくは吸入し、5日間の治療期間が必要だが、「イナビル」は気道に直接作用する吸入薬であり、単回投与で治療が完結する。

また、平均解熱時間はA型インフルエンザウイルスでは26.4時間(「タミフル」は27.3時間、「リレンザ」は28.8時間)、B型インフルエンザウイルスでは39.1時間(「タミフル」は40.2時間、「リレンザ」は36.6時間)だったという(※3)。

「タミフル」に関して、因果関係は不明であるものの、10歳以下の未成年患者が服用後に異常行動を発現し、転落などの事故に至った例が報告されている。

そのため10歳以下の患者には、原則として「タミフル」の使用が差し控えられている。

一方「イナビル」は、小児を対象とした臨床試験および市販後に実施したアンケ−ト調査にて、5歳以上が適切に吸入できると示されているが、吸入できるならば年齢制限はない。

※3)迅速診断で判定した、ウイルス亜型別の各種抗インフルエンザ薬の平均解熱時間