ESPRESSOTEA ちょい足しスタンド(イメージ)

写真拡大

駅に寄ったついでに濃厚な紅茶でひと息つけるスタンドが登場する。キリンビバレッジは「午後の紅茶 エスプレッソティー」のリニューアル発売にあわせ、午後の紅茶「ESPRESSO TEA ちょい足しスタンド」を2013年1月27日まで、東京メトロ丸ノ内線新宿駅の地下通路メトロプロムナードに開いている。

「6種のシロップ」1万人にあたるキャンペーンも

「午後の紅茶 エスプレッソティー」は、高温・高圧の「エスプレッソ抽出」による紅茶葉の良質な苦味と濃厚さが特徴の製品だ。1月22日のリニューアル発売では、凝縮された紅茶の味わいをさらに引き出すため、従来よりもミルク分を減らし、すっきりとした甘さに仕上げた。

今回オープンするスタンドでは、リニューアルした同製品を無料で試飲できるうえ、少し加えることで味の変化を楽しめる「オリジナルちょい足しシロップ」が試せる。提供されるのは、「キャラメル」、「チョコレート」、「メープル」、「ヘーゼルナッツ」、「アップル」の5種類。その場で試飲の感想をSNSに投稿すると、「午後の紅茶 エスプレッソティー」1本と気に入った「オリジナルちょい足しシロップ」1種類がもらえる。

また、1月22日からは、「バニラ」を加えた6種類の「オリジナルちょい足しシロップ」が1万人に当たるキャンペーンを実施する。2月19日までにキャンペーンサイトにアクセスし、フェイスブックかツイッターのアカウントで抽選に参加すると、その場で結果がわかる。