アニメ化50週年で新作『鉄人28号ガオ!』始動、装い新たにポップな世界観へ

写真拡大

1963年にTVアニメとして放送された『鉄人28号』が今年でアニメ化50週年を迎える。

これを記念して、新シリーズ『鉄人28号ガオ!』が4月6日よりフジテレビ系で放送されることが22日、明らかになった。

元祖『鉄人28号』は、日本最古の巨大ロボット漫画&アニメであり、物語の初期は鉄人のリモコンを巡る少年探偵・金田正太郎と悪漢たちの闘争を中心に話が進み、正太郎が鉄人を手に入れてからはブラックオックスやギルバートなどの強力なロボットたちとの戦いに移り変わっていく。

最新の欧米のような街並みや、巨大ロボット同士の戦いを中心に繰り広げられる痛快活劇は当時、斬新であり最先端の映像作品だった。

その後リメイクを繰り返し、『マジンガーZ』をはじめとしたその後の日本ロボットアニメに多大なる影響を与えたまさに金字塔的作品といえる。

そこから50年の時を経てスタートする今作のストーリーのメインは、現代の小学生である少年探偵・正太郎の日常にあるという。

ごく普通の小学生が、鉄人とともに敵のロボットをあっという間に倒していく物語で、レトロで重厚な元祖『鉄人28号』とは異なり、ポップで可愛らしい世界観の中で物語が展開していく。

制作は1963年当時と同様、アニメーション制作会社のエイケンが担当し、鉄人とは日常の親近感と非日常のドキドキワクワク、大人顔負けな「子どもが憧れるヒーロー」を描いていくという。

フジテレビの原大輔プロデューサーは、「『鉄人28号』が初めてテレビアニメ化されてから50年という節目の年に、再びフジテレビで放送できることを大変うれしく思います」と再びアニメ化を実現した喜びを語るとともに、「当時、多くの子供たちが熱狂した『鉄人28号』。

いままで見たことがない方にも楽しんでいただけるよう、ポップで新しいイメージでリメイクしました。

朝早い時間での放送ではありますが、ぜひご家族で楽しんでいただけたらと思います」と意気込みを語っている。

TVアニメ『鉄人28号ガオ!』は、4月6日(土)より放送開始。

放送時間は、毎週土曜日午前4:52〜5:00。

(C)光プロダクション・フジテレビ・エイケン1作目『鉄人28号』/1963年10月20日〜1966年5月25日 フジテレビ系列(制作:エイケン)2作目『太陽の使者 鉄人28号』/1980年10月3日〜1981年9月25日 日本テレビ系列3作目『超電動ロボ 鉄人28号FX』/1992年4月5日〜1993年3月30日 日本テレビ系列4作目『鉄人28号』(2004年版)/2004年4月7日〜2004年9月29日 テレビ東京系列劇場映画版アニメ 2007年3月31日公開