お正月の同窓会、開催のきっかけは「Facebookで話題になった」が4割

写真拡大

笑屋は2012年12月28日〜2013年1月5日に開催された同窓会にて、開催理由や参加率と不参加理由についてアンケート集計を実施した。

対象は同社で行われた同窓会15件で、有効回答人数は1,320人。

まず、幹事(同窓会幹事合計131名対象)を対象に同窓会の開催理由について尋ねたところ、1位となった理由は「Facebookで話題になって開催しようと思った」(39人)だった。

2位は「前回の帰省時に、同級生と話が出た」(30人)、3位が「卒業して節目の年(15周年、20周年記念など)だから」(29人)だった。

次に、参加した人(1,320人)に対し、同窓会の年末年始開催に関してアンケートを実施した。

1位は「参加しやすかった」(850人)、2位は「参加しにくかった」(332人)で、参加しやすいと回答した人が圧倒的に多かった。

一方、同窓会に不参加だった人(408人)を対象に、なぜ参加しなかったのか尋ねたところ、1位の回答は「あらかじめ予定が入っていた」(125人)、2位が「正月に実家に帰らないから」(123人)、3位が「仕事が忙しかったから」(82人)だった。

「同窓会に行きたくない」と回答した人も44人いた。