太陽光発電遠隔監視サービス「エコめがね」、全量買取向けサービスを拡充

写真拡大

NTTスマイルエナジーは21日、太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」について、三相3線式パワーコンディショナーに対応する新サービスの提供を3月より開始すると発表した。

同社は2011年11月、クラウドを活用した「太陽光発電見える化サービス」として、一般家庭向け太陽光発電モニターサービス「エコめがね」を提供開始。

同サービスは、太陽光発電システム専用のモニター端末の代わりに、クラウドサーバーを利用したもの。

スマートフォン・携帯電話・パソコンなどを使って、他のユーザとの比較なども行いながら、家庭の電力情報を簡単に確認することができる。

また、2012年8月からは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(以下、全量買取制度)の施行を受け、50kW以下の全量買取制度向け低圧太陽光発電設備遠隔モニタリングサービスを中心に展開してきた。

同社は今回、全量買取制度向けサービス拡充の一環として、従来は単相3線式パワーコンディショナーのみに対応していた同サービスについて、三相3線式パワーコンディショナーが使用されている低圧太陽光発電設備でも利用できるように改良。

これにより、これまで「エコめがね」を取り付けられなかった遠方の商業施設の屋上や、遊休地などに設置された太陽光発電設備への搭載が可能となり、遠方からも異常検知や発電状況の確認が行えるようになったという。

なお、三相3線式対応「エコめがね」は、2012年12月に発売した「『エコめがね』全量モバイルパック」にも対応したとのこと。

24日より、施主および施工会社向け説明会を全国6カ所にて開催。

日程・会場は、24日が静岡県静岡市のパルシェ会議室、25日が東京都品川区の東京コンファレンスセンター品川、28日が大阪市の大阪証券取引所ビル会議室、30日が名古屋市の名古屋会議室プライムセントラルタワー、31日が大分市のホテルクドウ大分、2月1日が福岡市のTPK博多駅前シティーセンターとなる。

開催時間はいずれも14:00、料金は無料。

申し込みは「エコめがね」Webサイトまで。

さらに2月27日〜3月1日の期間に、東京ビッグサイトにて開催される「PV EXPO 2013 〜第4回 太陽光発電システム施工展〜」にも出展を計画。

開場時間は10:00〜18:00(3月1日は17:00終了)、出展ブース位置はE−25。

展示会招待券の申し込みは「PX EXPO 2013」Webサイトまで。