どんなお土産を購入する? センスあふれる新婚旅行のお土産例

写真拡大

自分はもらったらうれしいけど、相手にとってはそうではないかも…。

そんなマイナス思考をしてしまうと、新婚旅行のお土産選びもなかなかうまくはいかないものです。

そこで今回は、相手を喜ばせるような、センスあふれるお土産例をいくつかご紹介します。

そもそも新婚旅行のお土産は誰にどこまで渡す?意外に悩みがちなのがこのケースですが、基本的に結婚祝いをもらっている相手が対象になります。

親族や親戚、旅行から帰ってきたあとに直接会う職場の人や、近い友人に買っていくと良いでしょう。

親族などへは、お礼の品としてカタログギフトなどを贈ることが多いですが、お土産はあくまで別扱いなので、金額はそれほど気にする必要はありません。

大勢に渡すものと個別に渡すものを買い分けておく職場など、大勢の人を対象とする場合はお菓子などが良いでしょう。

食べ物なら人数が増えても減っても臨機応変に対応できます。

購入前に新婚旅行の残り日数と、賞味期限の確認も忘れずに。

また、相手の好みをある程度わかっていれば、個別に渡すものを用意しておきましょう。

どうしても何を買ったらいいのかわからないということであれば、事前に買ってきてほしいもののリクエストを聞いておくのもアリです。

お土産の好みは『消費系』と『残るもの系』に分かれる消費系のお土産の代表例は食べ物です。

相手の嫌いなものさえ買っていかなければ、ほとんどの場合、満足してもらえます。

男性ならお酒やコーヒー、また、食べ物ではないですがタバコ好きには葉巻などもいいですね。

『残るもの系』のお土産例としては、部屋にちょんと置けるようなかわいらしい小物などが人気です。

女性受けすること間違いなしです。

また、これなら持ち帰るときも邪魔にならず、渡すときも楽チンです。

実用品選びは難易度高! 最悪不用品になることも…実用品はバリエーションが豊富ですが、その多くがファッションアイテムになります。

そのため好みがかなり影響し、味が合わなければそのままタンスの肥やしになったり、リサイクルショップ行きということもありえます。

また、女性の場合は香水や化粧品なども人気ですが、これも相手の好みを知らないと買いづらいものといえます。

相手がもらって困るようなものだけは避けるようにしましょう。

これから新婚旅行の予定がある方は、事前に買う量やものをある程度決めておくと、現地で悩みすぎて時間を消費してしまう心配も少なくなります。

ぜひ、センスあるお土産を選んで、まわりのみんなを喜ばせてあげてくださいね。