DSQUARED²の子ども向け新ライン、14年春にデビュー

写真拡大

 「DSQUARED²(ディースクエアード )」が、0歳〜14歳を対象にしたキッズラインを2014年春夏コレクションからスタートする。展開に向け、子ども用ウェアとアクセサリーの製造・流通を手掛けるBrave Kid社と5年間のライセンス契約を締結。フットウェアも取扱い、生産はAndrea Montelpare社に委任する。

DSQUARED²から子供服デビューの画像を拡大

 今回デビューするキッズラインは、「DSQUARED²」の全てのルックに共通する「FUN」をキーワードに制作。男児・女児・ベビーを展開し、ミラノ・バリ・東京のフラッグシップショップをはじめ、百貨店や専門店の主要店舗で販売。デザイナーのDean Caten(ディーン・ケイティン)& Dan Caten(ダン・ケイティン)はキッズラインを立ち上げた理由として「ブランドとともに顧客も成長し、彼らの子どもたちはクールで楽しいアイテムを求めている」と説明している。

 「DSQUARED²」は、ディーゼルの創始者兼社長Renzo Rosso(レンツォ・ロッソ)が代表を務めるホールディングカンパニーOnly The Brave(オンリーザブレイブ=OTB)傘下のスタッフインターナショナルspa社とライセンス契約を締結している。Brave Kid社もOTBに属しており、Renzo Rossoは「DSQUARED²がBrave Kid社とキッズラインを展開することで、既に販売しているDIESEL(ディーゼル)とJOHN GALLIANO(ジョン・ガリアーノ)の子供服とも相乗して発展していくことでしょう」とコメントを発表している。

■DSQUARED²
 http://www.dsquared2.com/