ヨネックスの米山勉・代表取締役社長(撮影:ALBA)

写真拡大

 ヨネックス株式会社は2013年の新製品記者発表会を都内のホテルにて開催。報道陣に『i-EZONE(アイ・イーゾーン)』シリーズを報道陣にお披露目した。
『i-EZONE(アイ・イーゾーン)』の特徴など
 同社は昨年末まで石川遼と契約。冒頭に登場した同社の米山勉・代表取締役社長は「看板プロがいない中の発表に、こんなにたくさんの方に来ていただいてうれしい」と挨拶。同社では最後まで石川との契約を継続しようと交渉を重ねたが、最終的には条件が折り合わずに断念。契約が切れても石川は「“日本の宝”。会社としても今後の活躍を祈っています」と最後にエールを送った。
 同社の新製品は石川のあくなき飛距離への追求から生まれたもの。また、彼の厳しいオーダーに応えるため国内工場による迅速なクラブ組み立ての経験から、一般ユーザーにも「オーダーから5日での納品」というサービスを展開するという。石川という看板プロは失ったがヨネックスはこの5年間で得たものをフル活用し、前進を続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】石川遼の本当のライバルとは?
遼、今季初戦は予選落ち「やりたいことが出来なかった」
石川遼、突然のクリントン元大統領登場にビックリ
【関連リンク】
石川遼のスイング動画2013年バージョン
石川遼のプレーを一打速報で振り返る