就活のテンションを上げる、密かなオシャレは何ですか?

写真拡大


就活スーツに身を固める就活期は、なかなかオシャレもままなりません。それでも気分を上げたい時、気合いを入れたい時、先輩たちはどんな工夫をしていたのでしょうか。就活中の「密かなオシャレ」について聞いてみました!

●さりげない小物に凝ってみる

・色は黒と落ち着いた感じだが、文字盤がアレンジされた腕時計をしていた。(男性/医薬品・化粧品内定)


・ストッキングを少し高価なものにしていた。(女性/金融・証券内定)


・面接会場に入る前に外すので、マフラーをオシャレなものに。(男性/自動車関連内定)


・色は地味だけど、柄が可愛いシュシュ。(女性/金融・証券内定)


・会社のイメージカラーのネクタイをしていた。(男性/小売店内定)


・ネクタイピンに凝っていた。(男性/自動車関連内定)

みんな同じように見える就活スーツだからこそ、自分らしさを演出するために、先輩達はできる範囲でオシャレをがんばっていたよう。センスのいい小物は、その人のオシャレ感度を表します。実は一番気を抜いてはいけないところなのかも?

●女子は自分磨きに余念なし

・香水を軽く付けること。自分の気に入っている香りなので落ち着けたし、気分も良い。ただし、つけすぎは絶対にNG。(女性/学校・教育関連内定)


・足の爪のネイルアート。(女性/団体・公益法人・官公庁内定)


・面接の前日に髪はヘアパック、顔はシートマスクでメイクが映えるようにしていました。(女性/印刷・紙パルプ内定)


・髪型にこだわりを持つようにした。周りの就活生の中で良い髪型をしている人を見て研究。(女性/小売店内定)

見えないところでオシャレしたり、肌や髪を磨いたり、女子は自分を上げるのが上手。就活も自分磨きの機会と捉える、ポジティブシンキングですね!

●就活を理由に"いい物"を買いました!

・コートはいかにも就活生っぽいのではなく普段も着られるものを買った。腕時計もモチベーションを上げるため、一目惚れしたものを購入。(女性/薬品・化粧品内定)


・冬用のコート。こっそり良いものを買った。(男性/機械・精密機器内定)

就活アイテム一式はやはり大きな買い物。どうせ買うなら気に入ったもの、大人の演出にふさわしいものを選ぶというのは賢い選択ですね。就活への気合いが入るし、何より持っていれば嬉しい!

●オフに自分を解放すればいいのだ!

・面接後の夜などは思いっきりギャルメイク&巻き髪をして友達と飲みに行っていた。次の日から「またがんばろう!」という気持ちになれた。(女性/食品・飲料内定)


・終わった後にスーツを着崩す。(男性/学校・教育関連内定)


・就活中にオシャレをする意味が分かりません。オシャレは私服のときにします。(男性/機械・精密機器内定)

就活は就活と割り切って、オシャレは別の日に楽しむという先輩も。ONとOFFの切り替えをはっきりさせたい、という意見ですね。

いろいろな意見が出てきた就活中のオシャレエピソード。できる範囲内でオシャレを楽しむもよし、オシャレはオフのときだけにすると割り切るもよし。みなさんの就活スタイルは、どうですか?



文●鈴木恵美子

「私の就活エピソード」に関するアンケート

調査期間:2012/11/29〜2012/12/13

アンケート対象:フレッシャーズ マイナビスチューデント

有効回答数108件(内、男性:45名 女性:63名/ウェブログイン方式)

27歳までの、内定をした大学生・大学院生男女が回答。

記事掲載元:就活スタイル マイナビスチューデント( http://student.mynavi.jp/style/)