島耕作が「BODY WILD」キャラクターに就任 ビジネス向け新ラインも

写真拡大

 「BODY WILD(ボディワイルド)」が、ビジネスマン向けの新ライン「BODY WILD EX(ボディワイルド・イーエックス)」を2013年春夏からスタートする。素材や機能、穿き心地にこだわった5つのシリーズを展開。コミュニケーション・キャラクターには島耕作が就任し、「私は課長時代から愛用していますがグンゼ『BODY WILD』のパンツは素晴らしいですよ。なにより女性にウケがいい」とブランドの魅力をPRしている。

ボディワイルド×島耕作の画像を拡大

 昨年にデビュー15周年を迎えた「BODY WILD」は、「キメる男の、新定番。」をキャッチコピーに掲げ、新たに「BODY WILD EX」を発表。機能性やデザインにこだわったボクサーブリーフ「リアルスタンダード」や、発売当初に最も早くブレイクした「ジーニングスタイル」をストレッチ素材にバージョンアップしたボクサー「デニムストレッチ」といった5つのシリーズを揃え、全国の量販店と小売店、グンゼオンラインストアで2月1日に販売を開始する。

 「BODY WILD」のコミュニケーション・キャラクターに就任した島耕作は、講談社「モーニング」で連載中の人気コミック「社長 島耕作」の主人公。1983年に「モーニング」の前身「コミックモーニング」に初登場し、現実の経済や世相に合わせた作品づくりで「係長」「部長」「取締役」「常務」「専務」とタイトルを変えながら連載し男性を中心に人気を獲得。今回の島耕作の起用を通じて、「BODY WILD」は働く男の美学やダンディズム、ビジネスマンのこだわりをビジネスマンに向けて訴求していくという。

■問い合わせ
 グンゼお客様相談室
 フリーダイヤル TEL:0120-167874(平日:9:30〜17:00)
 http://www.bodywild.com/