「あまちゃん」地元で盛り上がっていますか? 「かなり盛り上がってます。クラスでも芸能人に会った、サインをもらったと大騒ぎになりましたし、私自身も俳優さんとすれ違い、友人と大興奮したのを覚えています(笑)。自分が住んでいる町を第三者的な視点から見られるというめったにない機会なので、とてもドラマが楽しみです。また、他県の方々が久慈市の魅力を感じてくださったら嬉しいなと思います!」(小室好さん談)

写真拡大

■「地元は"like"ですね。"love"ではない」

久慈高校2年生の関口ゆかりさん。将来の志望は薬学の研究員。お父さんは東京出身の獣医、母方のお祖父ちゃんは四国から移民し、ブラジルで農家をやっている。お母さんはブラジル生まれの日本人だ。そういう家に育った関口さんに訊いてみたい。関口さん自身だけでなく、関口家には土地に対するこだわりが——。

「うん、たぶんないですね」

前回、桜庭実紀さんに訊いた、地域医療に貢献せよと「高校の進路面接とかでもけっこう言われる」という話が、こちらの頭の中にある。では高校生自身は、東北を、自分たちが暮らす町との関わり方をどう考えているのか。端的に言えば、そこに「地元愛」はあるのか。そのことが知りたい。関口さんには客観的視点があると思ってぜひ訊いてみたいのですが、「地元ラブ」という考え方は関口さんの中にありますか。

「地元は"like"ですね。"love"ではないです。客観的に見たら、そうだなあ、なんかちょっと、久慈のみんなの見る範囲が、ほんとうは”ここ”までいけるのに、”このくらい”しか見ていない——というかんじを、たまに受けたりしますね、交友関係とか見てると。もう小学校のころから。最近は、それも1つの考え方だなって思えてきたりしています。でも、自分がまず、自分が『どこの人』だって意識していないんですよ」

土地に対するこだわりはない、と関口さんは言った。その関口さんが行こうとする地はどういうところなのか。こう訊いてみよう。関口さん、薬学の研究員になったとしましょう。そのときどこに住んでいるのが、いちばんいいですか。

「その職場の近くで、都心よりちょっと田舎なほうが、わたし的にはいいですね」

都心と「ちょっと田舎」の境目は、どのあたりなんでしょうか。

「新幹線の駅があるかないか? いや、でも、二戸も新幹線の駅あるけど、駅しかないし……」

二戸は終点の新青森から3つ手前、岩手県最北の東北新幹線の駅だ。久慈からはJR八戸線で一旦八戸まで行き、そこから新幹線で南にひと駅、最短で2時間23分(2730円)。直通バスならば1時間10分(1500円)。駅周辺に全国のだれもが名前を知るような大きな商業施設はない。関口さん、何があると都市なんでしょう。先日、仙台に東北初のH&Mの店ができましたが、たとえばH&Mがあったら都市でしょうか。

「H&M! 都市です(笑)!」

ということは、県庁所在地の盛岡はH&Mがないから、都市ではない?

桜庭「あそこ城下町なんで。人口は八戸と同じくらいなんですけど、盛岡の方が都会に思えます。城下町かどうかって、けっこう重要です。八戸、港町なんで、やっぱ魚臭いんですよ(笑)」

関口「汚くはないんだけど」

桜庭「田舎臭さが抜けないっていうか。やっぱり盛岡は、城下町。なんか、タウンって感じ(笑)。八戸はシティだよね」

関口「でも、うちはタウンのほうが好きだからなあ」

関口さん、具体的に住んでみたい「タウン」はありますか。

関口「たぶん仕事をしているとなったら、東京までは行かないけど、千葉とか神奈川とか。都心は研究所とかってなさそうなので。でも、暑いところはちょっと。わたし、暑いと汗すごいんですよ。着込むのがけっこう好きなので、できれば、寒いところが」

小室「じゃ、久慈にいろ。東北いろよって(笑)」

3人の高校生は、互いの会話の中では男ことばを混ぜて使う。文字にすると突き放したような表現に見えるのだが、じっさいはそういうニュアンスはまったくない。「まあ、人それぞれだからね」といった関わりを回避するような言い回しも、ない。彼女たちは、友だちが話すことをしっかりと聞いたうえで、自分のことばを話す。そのことは念押ししておきたい。では、次に「久慈にいろ。東北いろよ」と言った小室さんに、彼女自身が歩もうとしている「ローカル・トラック」のことを訊こう。

■願わくばここに戻って来たい

小室好(こむろ・このみ)さんも岩手県立久慈高等学校2年生。さて、小室さんは将来何屋になりたいですか。

「わたしは小学校教員になりたいです。両親がどちらとも小学校教員でして、小さいころから働いている姿を見ていましたし、わたし自身、小さいころから、自分より年下の子の面倒を見たりお話ししたりするのがとても好きで、自分にも合っていると思っていたので、小学校教員になりたいなと」

岩手県の小学校の先生ということですか。

「はい、なるべく岩手にいて、地元の子どもたちと接したいなと思います」

大学はどこに行きたいですか。

「岩手大学に行って、教員免許を取れたらと。岩手じゃなかったら、青森の弘前大学に行こうと思っています」

進学先や就職先として、首都圏は考えの中にはありませんか。

「なんていうんでしょう、わたしアナログ人で、都会に行くと何が何だかっていう人間なんで(笑)、なるべくこう、東北で収まりたいなと。叔父が東京のほうで大学の准教授をやっていまして、遊びに行ったりもするんですけど、どうしても慣れなくて」

小室さんは仕事をするときに、どこに住んでいたいですか。岩手県内ということになるのでしょうが、学校の先生ですと、異動・転勤がありますよね。

「はい。ある程度転々としたあとに、久慈に戻って来たいと思ってます。わたしはここで生まれて、陸前高田に行って、高田のあとに釜石に行って、ここに戻って来たんです。異動の希望もある程度聞いてもらえるところもあるみたいで、うちの父と母は沿岸を希望して。だいたいひとつの学校にいるのが4年から5年なんです。母が定年するまでにちょうど足りるかもと考えて、久慈に家を建てて住んでいるんです。わたしもそういうふうに、転々としたあとで、願わくばここに戻って来たいと思いますけど、自分の居たいと思う土地を、岩手の中で見つけられるのがいちばんいいかなと思っています」

結婚したとき、旦那さんの職業によって住むところが変わる可能性がありますか。

「どうだろう、わたし、ついて行くのかな(笑)……。わたし自身公務員になりたいので、たぶん(結婚相手として)見える範囲は公務員なのかなと思うんですよ。学校の先生は学校の先生と結婚する人、多いですし、学校の先生っていうと土曜日も仕事があったりだとか、夜遅く呑み会があったりとかしますので、そういうことを理解してくれるという面で見ても、同じ職業を選ぶ方が多いので、わたしもきっと公務員の方なのかなと、勝手に(笑)」

小室さん自身は、結婚して子どもが産まれても、ずっと仕事はしたいと考えていますか。

「はい、したいです」

桜庭さんも関口さんも、久慈を、東北を出るという話をしてくれました。それを踏まえて、ちょっと意地悪な訊き方をします。小室さんは、自分の発想を久慈や岩手という範囲の中で狭めている——と自分で考えることはありませんか。

「わたしは、ひきこもりの質(たち)だから(笑)、『どこか遠くに行きたい』って思うことは、そんなにないかな。今、好きな本に、京都を舞台にしたものがあって『ああ、京都すてき』とは思うんですけど、『修学旅行で1回行ったらいいかな』ぐらいの感覚なんですよ。やっぱりこの地域にいて、子どもたちと触れ合ったり、自分の好きなことができたらいちばんいいかな、と」

聞きながら桜庭さんが頷き、真顔でこう言った。

「大人だなあ、小室」

小室さんが笑顔で首を振る。

小室「わたしは学校の先生になりたいと思ってはいるんですけれど、それしか見ていない気がするんですよ。祖母も祖父も公務員ですし、叔父も学校の先生なので、そういうとこしか見えてないのかなと思って。実紀ちゃんが、アメリカでいろんな仕事をしている人の話を聞いてきた経験は、いいなあと思いましたね」

桜庭「うん、すごい楽しかった。広いところに集まってお話聞くのも楽しかったし、仕事をしている人ごとに、それぞれの個室を訪ねてお話を聞くのもすごく楽しかった。あと、ホームステイ先のお母さんが病院で検査技師をやってる人だったので、病院に連れていってもらって、中を見せてもらったりして」

関口「うわあ、超有意義だ」

桜庭「そう、超有意義(笑)。観光とかじゃなかったのに、すごい有意義だった」

桜庭さん、合州国に行って「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」でいろんなことを体験して帰ってきて、クラスで浮いたりしませんでしたか。

桜庭「いえ、ぜんぜん(笑)」

関口「むしろみんな『おかえり〜、よく帰って来たね』みたいなかんじだよね」

小室「久慈高校では、『TOMODACHI〜』みたいに海外に行くやつとか、こういうボランティアがあるとか、いっぱい掲示板に貼り出してあって、 行く前からのみんなの理解があるっていうか」

彼女たちが語る久慈高校の雰囲気は、伝統と言っていいだろう。『岩手県立久慈高等学校30年史』(1973[昭和48]年刊)に、久慈高最初の外国留学生——今回取材で会った3人にとっては40期前の先輩の話が載っている。

《昭和47年度7月19日 普通科3年の晴山健二君は、国内選考の難関をみごとにパスし、AFS留学生として、この日渡米した。1年間の留学期間中は、イリノイ州の一般家庭に寄宿し、イリノイ州イーストオリンピア高校3年に留学し、貴重な体験を得るとともに、日米親善の大任を果たした。(中略)創立以来初の外国留学という快挙は、とかく閉鎖的になりがちな本校生徒に、絶好の精神的な刺激となった》(同書p.94-95)

AFSとは、第一次大戦時の傷病兵救護輸送活動(American Field Service:アメリカ野戦奉仕団)に源流を持つ、1947(昭和22)年から現在まで続く最古の国際高校生交換留学制度。東日本大震災に際しても複数の奨学金制度を展開している。この制度によって久慈高校初の留学生となった当人の手記も『30年史』に掲載されている。

《今僕は、1年間の留学がおわってみて、何を得たかと考えてみると、物理的には体重を得たとかプレゼントをもらったとか、いろいろありますがもちろん僕にとって大事なのは、世界各国に友だちができたこと、第2の家族を持てたことです。(中略)高校生の時の留学は、違った生活や文化を知るという上で大事です。将来、チャンスがあったら1人で勉強をしに、またどこかに行きたいという希望を、僕は心のなかにしまっています》(「アメリカ留学を終えて」3年B組 晴山健二、同書p.122)。

「体重を得たとか」という"軽口"も伝統として受け継がれているのやもしれない。晴山氏は、今年の全国高等学校総合文化祭の出場権を獲得した久慈高校伝統のマンドリン部10代目部長でもある。

このあとこちらは「仕事をしている大人から、どんなことを聞いてみたいですか」と3人に訊いた。このとき「わたしは、ひきこもりの質だから(笑)」と言った小室さんの答えが、教職という仕事の広がりと奥行きを、こちらに気づかせることになる。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)