世界のコーヒー豆が定期的に届く通販サイト「Coffee365」がオープン!

写真拡大

インターネットコンテンツ事業を手掛けるエンタは16日、コーヒー豆販売サイト「Coffee365(コーヒー365)」の商品注文受付を開始した。

同サイトは、コーヒー豆の焙煎を手掛けるヒューマックとの提携によりオープンした、世界のコーヒー生豆を自家焙煎し定期便で届ける通販サイト。

購入プランは2種類。

「365Tour」(2,520円/300g・送料込)は、定番のブラジルなど中南米産の豆に加え、東南アジアやハワイ、アジアなど各地の厳選豆をストレートで毎月3種類届けるプラン。

「365STANDARD」(2,100円/300g・送料込)は、”365日毎日飲んでも飽きない風味”をコンセプトに独自開発したオリジナルブレンド「365ブレンド」、季節限定の「365シーズンブレンド」に「365TOUR」の1種を組み合わせたプランとなっている。

両プランとも、コーヒー豆やその国の情報、テイスティングシートなどを記載した冊子「AboutBeans」が同梱される。

またお試し用プランとして、「365TOUR」から2種類(各100g)と「365ブレンド」(100g)をセットにしたプラン「365TRIAL」(1,000円/送料込)を、毎月先着200名限定、1人1回限りで提供する。

詳細は「Coffee365 公式ページ」を参照のこと。