アップル「神話崩壊」か、それとも踏みとどまれるか。正念場の決算発表がせまる

写真拡大

【今回のまとめ】
1.これまで発表した各社の決算は、売上高は好調、EPS(1株当り利益)はダメ
2.よい決算とは、EPS、売上高、ガイダンスの全てで予想を上回ること
3.木曜日(1月24日)のアップル決算が注目される
4.今回はアップルに対する事前の期待がそれほど高くない

決算の善し悪しは、投資家の期待に対するサプライズで決まる

 1月8日から始まった米国の第4四半期(2012年10月〜12月期)決算シーズンは、これまでに115社が決算発表を終えています。これまでのところ59.4%の企業がEPS(1株当り利益)でコンセンサス予想を上回りました。

 通常、決算の結果がコンセンサス予想を上回る比率は、決算シーズンのはじまり直後は高く、後になるほど成績が下がってきます。これは大企業ほど帳簿を締めてから決算発表準備が整うまでに要する時間が短く、中小企業ほど経理事務が鈍いことと関係しています。

 一般に大企業は、公開会社になってからの歴史が長い分だけ四半期決算のガイダンス(会社側予想)も正確で、達成しやすい無難なガイダンスを出してくる傾向があります。これとは対照的に比較的小さい、若い企業はガイダンスと結果がブレやすいです。

 以上のことから考えて、EPSについて現在の59.4%というポジティブ・サプライズ比率は、今週以降じりじりと下がってくると考えるべきでしょう。言い換えれば、今回の決算発表シーズンは59%〜63%という、これまでのレンジの中に収まらないリスクがあるということです。

 一方、売上高の面ではかなり違った様相を呈しています。これまでに決算発表した企業のうち60.2%がコンセンサス予想より高い売上高を発表しています。

 なお、決算発表に際して「今回は、決算がよかった」と言う場合、前年同期比でどのくらいEPSや売上高が伸びたのかは、実は問題にされません。なぜなら、株価はその時々の業績見通しを刻々と織り込んでゆくものだと考えられており、「去年に比べて売上高が+10%伸びるだろう」というような投資家の期待は、すでに株価に反映されてしまっているからです。

 したがって、決算発表後の株価の動きを決めるのは、むしろその期待(エクスペクテーション)からどれだけ乖離(かいり)していたか? になります。

 具体的に「よい決算だった」という場合、次の3つの条件を全て満たす必要があります。

1.EPSでコンセンサス予想を上回ること
2.売上高でコンセンサス予想を上回ること
3.ガイダンス(来期以降に関する、会社側の予想値)がコンセンサスを上回ること

 このうちの1つでも条件を満たせない場合、株価が急落するリスクがあります。

 さて、今週は23日(水曜日)引け後にアップル(ティッカー:APPL)の決算発表があります。その直前予想をみていきます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)