国立科学博物館「チョコレート展」開催記念の商品を限定販売-ロッテリア

写真拡大

ロッテリアは1月25日から、国立科学博物館で開催中の「チョコレート展」記念商品「ホットガーナミルクチョコレート」と「ガーナミクルチョコ・パイクロワッサン」を、東京上野公園にある「ルエノ(L'UENO)」にて、期間限定で販売する。

同社では、昨年9月、大規模フードコート一括受託型複合店「ルエノ(L'UENO)」を、上野公園「UENO3153(ウエノサイゴウサン)」1階にオープン。

2012年11月3日からは、「チョコレート展」の開催を記念して、チョコレートを使用したさまざまな商品を販売している。

「ホットガーナミルクチョコレート」(300円)は、「ガーナミルクチョコレート」の特徴である芳醇(ほうじゅん)でスッキリとしたカカオの味と、コクのあるミルクの味をそのままに再現。

甘くなりすぎないようエスプーマで絞り出したホイップを合わせ、冬季限定の「冬の大人のトッポ(ホイップミルクカスタード)」をマドラー代わりに使用している。

「ガーナミルクチョコ・パイクロワッサン」(170円)は、でんぷんを生地に練りこむオリジナル製法により、パイのようなザクザク感が楽しめるクロワッサン生地を使用。

中には「ガーナミルクチョコレート」を包んでいる。

販売場所は、「ホットガーナミルクチョコレート」が、同複合店内「ロッテリア上野公園 ルエノFS店」、「ガーナミルクチョコ・パイクロワッサン」が、同複合店内ベーカリー「フォルサム」。

詳細は、同社公式ホームページを参照のこと。