佐川急便、宅配便の東京-大阪間の当日配達を開始

写真拡大

SGホールディングスグループの佐川急便は21日、24時間電話集荷受付を2012年6月から東京都内の一部エリア(※東京都中央区・千代田区・港区・渋谷区・新宿区)で開始していたが、2013年1月21日から、新たに大阪市中央区・北区を対象エリアとして拡大すると発表した。

「これにより、物流の大動脈である東京-大阪間の当日配送サービスの提供が可能になり、それぞれの地域に拠点を持つ企業などの利便性向上とともに、新たな需要の掘り起こしにつながる」(佐川急便)としている。

また、合わせて24時間電話集荷受付対応エリアで国際宅配便「sgx」の受付も開始すると発表した。

今回エリア拡大する大阪市中央区・北区は、関西経済の中核を担うオフィス・商業施設が多いため、さまざまな物流ニーズが発生しているといい、「24時間電話集荷受付への潜在需要は非常に高い」(同社)。

従来は、午後6時までだった電話での集荷受付が24時間となり、例えば午前2時までに集荷の電話をした場合、飛脚航空便で東京をはじめ全国主要都市(一部エリアを除く)にはその日のうちに届けることが可能となるという。