東京都の恵比寿と駒沢に、2つのシェア型賃貸集合住宅オープン - リビタ

写真拡大

リビタは1月17日、シェア型賃貸住宅「シェビア恵比寿(東京都渋谷区)」、「シェアプレイス駒沢(東京都世田谷区)」の入居開始予定について発表した。

「シェビア恵比寿」は、恵比寿ガーデンプレイスのほど近くに立地している。

最上階には開放的な共用部があり、温かみのある赤レンガ張りのキッチン、古木素材のカウンター、大勢で映画・スポーツ観戦などが楽しめるプロジェクターを完備したサンクンラウンジなどを設置。

「豊かな時間」をシェアできる空間がそろっている。

そのほか、窓際にはひとりで落ち着いて食事や仕事のできるカウンタースペースも確保。

多様な居場所を用意している。

賃料は月額9万5,000〜10万5,000円。

1月10日時点で121組の問い合わせがあり、1月20日より入居希望者向け内覧を開始する。

入居開始は2月1日となる。

「シェアプレイス駒沢」は、駒沢公園にほど近い新築タワー型(15階建て)の複合用途の建物の2〜13階部分。

2階には約100平方メートルの共有スペース「Komazawa Crossing」を設け、料理教室やヨガ教室など多目的な用途で利用できるフロアとして運営する。

3・6・9・12階には、「Beauty」「Cook」「Think」「Feel」の4つのラウンジを設けている。

また、「バンタンデザイン研究所」の学生とともに、住む人の交流をうながすための様々な仕掛けを検討する産学連携や、「sabon」プロデュースで「Beauty」をテーマにした女性専用フロアのインテリアを提案するなど、各種団体や企業との積極的なコラボレーションも実現する。

「シェアプレイス駒沢」は、賃料月額7万円〜8万5,000円。

1月10日時点で117組の問い合わせがあり、2月9日より入居希望者向け内覧を開始。

入居開始は3月1日を予定している。

詳細はシェアプレイス公式サイトで案内している。