<ヒューマナ・チャレンジ 最終日◇20日◇PGAウエスト・パーマーコース>
 米国男子ツアー「ヒューマナ・チャレンジ」の最終日。予選ラウンドはプロアマ混合の変則形式で行われてきた今大会だが、最終18ホールはプロのみの真剣勝負。試合は昨年大会を上回るスコアの伸ばしあいとなり、“62”を叩き出したデビッド・リングマース(スウェーデン)、この日“63”のブライアン・ゲイ(米国)、“64”で回ったチャールズ・ハウエルIII(米国)がトータル25アンダーで並びプレーオフに突入した。
ブライアン・ゲイのプロフィールなど
 プレーオフは18番パー5で行われた1ホール目でゲイとハウエルがバーディを奪ったのに対し、若手のリングマースがセカンドを池に落とし脱落。続けて10番で行われた2ホール目でハウエルがボギーを叩き、2パットでも優勝となったゲイがバーディを奪って長い戦いに決着をつけた。
 トータル24アンダーの4位タイには首位スタートながら終盤に失速したスコット・スターリングス(米国)、ジェームス・ハーン(米国)、トータル23アンダーの6位タイにライアン・パーマー(米国)らが入った。
【最終結果】
優勝:ブライアン・ゲイ(-25)※プレーオフ
2位T:チャールズ・ハウエルIII(-25)
2位T:デビッド・リングマース(-25)
4位T:ジェームス・ハーン(-24)
4位T:スコット・スターリングス(-24)
6位T:ニコラス・トンプソン(-23)
6位T:ライアン・パーマー(-23)
8位T:ケビン・チャペル(-22)
8位T:ジェイソン・コクラック(-22)
10位T:スチュワート・シンク(-21)他5名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
「ヒューマナ・チャレンジ」の結果
最新のゴルフギア情報をチェック