あなたは自社の商品を「売ろう」としていませんか?売ろうとすると、なかなか売れないもの。「売ろう!」という気持ちを「売れるようにしよう」というマインドに変えるだけで、違う世界が見えてきます。マーケティングの基本は「売れる仕組み」を創り出すことです。

売ろうとするからなかなか売れない

 アマゾン、マスターカード、フィリップモリス、ラッキーストライク……。

 私はこれらの企業やブランドの“内部の人”として、25年間にわたり10社でマーケティングマネジャーやブランドマネジャーをしてきました。それらの仕事を通じて学んだことが1つあります。それは、

「売ろうとすると、なかなか売れない」

 ということです。

 マーケティングに従事していたのにおかしいじゃないか?と思われるかもしれません。でも、本当にそうなのです。

 では、どうしたら売れるようになるのでしょうか?

 それは、「売ろう!」という気持ちを、「売れるようにしよう」というマインド設定に変えていくことです。

 言い方を変えると、売ろう=セリング(Selling)を、お客様が買ってくれるようにしよう=マーケティング(Marketing)という考え方に転換していくことを意味します。

マーケティングは難しい?

 みなさんはこの「マーケティング」をややこしく、難解なものだと思っていませんか?

 私は根っからの『マーケティングおたく』で、フィリップモリス時代に、アメリカのインディアナ大学(当時のランキング7位の名門校)に留学してMBAを取得しました。

 現在は『コンサルタント』として経営者に、『講師』としてビジネス・パーソンにマーケティングを教えています。

 “マーケティングは重要だけど同時に楽しくやれるものだよ!”ということを分かりやすく伝える伝道師=エヴァンジェリストと名乗っています。

 セミナーの受講者は経営者や管理職の方が多いのですが、みなさん口をそろえて、
「マーケティングは大事だと思うけど、専門用語が多くてとっつきにくい」
「本を読んでみてもだいたい10ページくらいで嫌になってしまうんです」
 とおっしゃいます。

 私は、複雑なマーケティング理論は、大企業のマーケティング部や大学の先生にまかせておいて、われわれビジネス・パーソンはもっと身近なところから始めていけばいい!と考えています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)