フィギュアスケートの安藤美姫(25)が、所属のトヨタ自動車を元日付で退社。契約延長のオファーに対し、「社員としての義務を果たせなかった」ことを理由に、自ら申し出た決断だった。
 
 安藤は2011年の世界選手権で2度目の金メダルを獲得後、新しいコーチが決まらず、その後の公式戦に出場できないまま、トヨタとの1年契約を更新し続けていた。今回はその責任を感じての申し出であり、本人はフリーの立場でソチ五輪を目指す意向を示している。
 
 ただ、関係者の見方は少し違う。今回の退社は、安藤のプロスケーター転向、そして結婚を見据えた「寿退社」であるというのだ。
 
「お相手は2歳年上のプロスケーター、南里康晴選手。ジュニア時代からの顔見知りで、家族ぐるみの付き合いがあったことから、関係が自然に深まったといわれている」(スポーツ紙記者)
 
 南里は元日本代表候補で、スケート界屈指のイケメン。2011年9月には、『女性セブン』が2人の原宿デートをスクープ。人目を憚らず手を繋いだり、キスをしたりするシーンを報じている。
 
「安藤はこれまでも南里が拠点を置く福岡に足繁く通い、同じリンクで練習していた。最近は試合ではなくアイスショーによく出るようになったが、これも南里の誘いがあったから。今後はパートナーともども、プロスケーターとして第二の人生を歩むことになると見られています」(同前)
 
 事実上2シーズンを“休養”した安藤は、日本スケート連盟による特別強化選手の指定も辞退しており、このままでは練習場所もままならない状態。強化費の支給もなく、国際大会に出場するには地区大会の予選から勝ち抜かなければならない。五輪への思いがあるとはいえ、ソチを目指すのは現実的にはかなり厳しい。
 
 高校時代には「20歳で引退して結婚したい」と公言していた安藤。五輪出場の可能性がはっきり消えた時点で、プロ転向と婚約発表ということになるかも?

※週刊ポスト2013年2月1日号


■関連リンク
南里康晴/フォトギャラリー (拡大写真2枚)