「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」のひとこま。

写真拡大

■「科捜研の女」になりたい

「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」参加者300人の中で「田舎っぺちゃん」のあだながついた桜庭実紀さん(久慈高校2年生)。最初は司法解剖医になりたかった。そのきっかけは何ですか。

「『科捜研の女』になりたい、と(笑)。けっこうグロいのは大丈夫なんで。えげつないっていうか、そういう仕事に就きたいな、と」

「科捜研の女」は1999(平成11)年から沢口靖子主演で続いているサスペンスドラマ。舞台は京都府警科学捜査研究所。沢口靖子の役は法医学研究員だ。桜庭さんが「グロいのは大丈夫」と言ったので、こう訊いてみる。たとえば道ばたで車に轢かれて猫が死んでいました。桜庭さんの反応はどれですか。1:「うぇっ、気持ち悪い」と思う。2:「かわいそう」と思う。3:「お、内臓が出ている」と思う。

「『お、内臓が出ている』(笑)。お祖父ちゃんちのあたりとか、けっこうタヌキが車に轢かれるんですよ、のろまだから。そうすると『いやー、タヌキ死んでる。内臓が出てる』(笑)。昔からそうです。自分は他の女子とは違うなと思った瞬間? 多々あります(笑)」

臨床検査技師になるためには、どういう進路になりますか。

「卒業して臨床検査技師になれる学校があまりなくて、それで大学は絞られてくるんです。一応、今の第1志望は弘前大学ってことになっているんですけど、自分が今、行きたいなと思っているのは、群馬大学とか金沢大学、あと愛媛大学なんです。すごい遠くに行きたいんです。親は近場にいてくれって言うんですけど、わたしはどうしても遠くに行きたいわけで(笑)、ちょっと東北を出たいなって考えてて。今、いちばん考えてる群馬大学が、自分の偏差値を上げて目標にするには、けっこういいかなっていう大学。ちょっと行けば東京もあるし」

大学を卒業して仕事をするときは、どういうところで働いているのですか。

「勤めるなら、大っきい病院があるところに住みたいって思ってるんですけど」

久慈でいちばん大きな病院はどこですか。

「すぐそこの久慈病院です。けど、すっからかん。医師不足がすごいんです。救急行っても違う先生が診るんです。当直の先生がふつうに内科の先生だったりするんで、患者は次の日まで点滴で頑張ったりするんです」

岩手県立久慈病院は、1950(昭和25)年に岩手県立九戸病院としてスタート、1998(平成10)年に救命救急センターを併設。病床数は342(うち一般病棟は275)、常勤医師数は43名。ウエブサイトには「久慈医療圏唯一の中核的総合病院」とある。比較材料として東京の聖路加病院を見ると、入院病床数は520、常勤医師数は300人、1ベッド当たりの医師数は0.57人。この数値が、久慈病院では0.12人となる。

桜庭さん、地域医療に貢献するという発想はありますか。

「ああ、それは高校の進路面接とかでもけっこう言われることなんですけど、なんか、うーんってかんじにはなるんですよ」

『学歴社会のローカル・トラック』(吉川徹/世界思想社/2001年)という本がある。社会学者が島根県(県内に私立大学がない)の高校とその卒業生の進路を研究した本だ。地方の高校生の進路を研究した本は驚くほど少なく、連載第11回《http://president.jp/articles/-/7993》で紹介した『「東京」に出る若者たち』と並んで、この連載取材の重要な参考文献になっている。「トラック」とは進学、就職と歩んでいく人生の「経路」のことだ。本書は地方特有のトラックを、こう考察する。

「地方県は、一度県外の大学に流出した県内出身エリート層に対して、次には新卒就職の機会に出身県への引き戻しの力を加えていく。それは、学費を負担した両親が子どもを呼び戻すというようなミクロな(個人レベルの)出来事なのではなく、地域システムがかれらを求めているという意味においてである。(中略)こうして県外の大学への流出進学者たちは、ある者は高校のときからの自分のライフコース・イメージに従って、またある者は都市から押し返され、あるいは大きな学資を負担してくれた親との約束を守るために、あるいは自分のなかの望郷の念やあととり意識に引き戻されて、自分が正当に『嫡出』した地方県に戻ってくる」(同書p.217-219)。

「戻ってくる」要因の中には、島根の教育システム(具体的には現場の教師たち)が、代々「地域振興のために」という意識を持って運営されていることも含まれる。「県主導の公教育は、親から預かった次世代を、地方県の命運をかけてエリート層として伸ばしていく」(同書p.60)。それは地方の進学校の大事な役割なのだ。久慈高校も進学校だ。教師たちには近しい思いがあるだろう。

戦中の1943(昭和18)年に久慈高等女学校として開校した久慈高校は、戦後の長い時間をかけて、進学校としての実績を積んできた。『岩手県立久慈高等学校30年史』(1973[昭和48]年刊)にある1972(昭和47)年卒業生の進路状況を見ると、普通科卒業生138名のうち、就職が46名、進学は63名(残り29名は「その他」)。進学者のうち国公立大現役合格者は10名(うち岩手大1名、弘前大5名、東北大0名)。直近の2011(平成23)年度の実績は、就職4名、進学が220名。うち国公立大現役合格者は64名(うち岩手大15名、弘前大8名、東北大3名)だ。

桜庭さんは「(地域医療に貢献するという話を)けっこう言われる」と話した。だが、彼女自身の反応は「うーんってかんじに」なっている。桜庭さん、それは「久慈に戻るよりも、わたしはやりたいことがある」ということなのか、それとも、こころのどこかで久慈に対する憎しみを持っているのか。

「憎しみまではないですね(笑)。でも、なんていうのかな、うーん……なんて言えばいいのかな、田舎が悪いってわけじゃないんですけど、やっぱりもっと広いところを見たいっていうかんじなんです。居たくないわけじゃないんですけど、働くなら、やっぱりもっと大きい都市に行きたいみたいなかんじになっちゃうんですよ」

次に登場する高校生は、「絶対に東北に残らない」と明言した。

■「お店で売るのつまらない」

桜庭さんと同じ久慈高校2年生の関口ゆかり(せきぐち・ゆかり)さん。将来何屋になりたいですか。

「薬剤師です。薬局で働くのではなくて、研究員に」

国家資格である薬剤師の免許を手に入れるためには、大学の薬学部で6年制課程を修了しなければならない。

「そうなんです。親には、お金ごめんね、みたいな」

なぜ薬剤師になりたいと思ったんですか。かつ、病院や薬局で薬を売るほうではなく、研究職である理由は。

「志した理由は、ちょっと覚えてないんですよ(笑)。気づいたら薬剤師になりたくて仕方がなくて。で、わたし、お店で売るのつまらないなと思って。どうせだったら、すごく楽しいし、きっとやり甲斐があるだろうと思える研究員のほうがいいなと思って」

「お店で売るのつまらない」と考える理由を教えてください。

「すごく失礼な奴になりますが……他人がつくったものを有効活用するのは、とてもいいことなんですけど、それじゃなんか、だれでもできるかなって思いまして。加えて研究とか実験とか、地道にやっていく作業がすごく好きだからということもあります」

薬剤師になるためには、どういう進路になりますか。

「今のところ第1志望は慶應義塾大学の薬学部薬科学科です。けど、すごい勉強頑張らなきゃいけないよって言われてて。頑張ります」

ということは、久慈を、岩手を出るということは確定ですか。

「確定です。絶対に東北に残らない気なので」

それは「その勉強をしようと思ったら、たまたまそれが東京にあるので東北を出る」なのか、「とにかく東北を出るんだ」という考えが先にあってのことなのか。

「何ていいますかね、研究員の仕事ってふつうの大学からだと行けないんですよ。国公立大か、すごい有名なとこからじゃないと、そのあと(の進路)は”売る”人のほうになってしまうので。東北の学校で——ちょっと言い方失礼だけれど、あまり知られてない大学で研究員になって、そのままズルズルと”売る人”のほうになってしまうよりは、有名なところへ行って、自分のほんとうにやりたいことをやるほうに賭けてみようかなと思って」

取材時には第二志望も訊いた。答えは広島大学。取材後にメールで確認すると、長崎大学に変わっていた。いずれにせよ久慈からは遠い。

「もともと親から離れたいから、遠くに行きたいというのがいちばん大きい理由です。まずわたしの進路志望校の決め方が『薬剤師いいな→んじゃ薬学部探そうかな→そういえば私の一番上の姉は宮城県、二番目の姉は東京都に行ったな→それじゃ親から離れたいし、もっと遠く行こうかな〜→広島県いいかも(遠距離だから)→広島大学』という安直な考えなのです、お恥ずかしながら(笑)。もし慶應落ちたら、研究員になるのはすっぱり諦めて、"売る方"で。そうすればたぶん生活は困らないよって(進路指導で)言われたので。これは約束というか、父さんとこのあいだ話し合って。うちは親が地元の人じゃないんですよ。父さんは獣医なんですけど、出身は東京のほうで、お母さんがブラジル」

ブラジル?

「お祖父ちゃんたちがもともと四国にいたのが、ブラジルに移住して。ブラジルでりんご農家をやっていて『ふじ』をつくってます。お母さんはブラジルで生まれて、1990(平成2)年の6月に農業研修のために日本に来たんです。ぜんぜん久慈と関係ない日本人(笑)。ブラジルのお祖父ちゃんとこ、2回くらい行ったことあります」

なるほど、やはり久慈は港町だ。連載第31回目《http://president.jp/articles/-/8192》の気仙沼編でも書いたが、港町には東京とは違うかたちの、国際的な人の出入りがある。久慈もその例外ではなさそうだ。ぜひこれを訊いてみよう。関口さん自身だけでなく、関口家には土地に対するこだわりがない、と考えていいのでしょうか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)