第692回デザインギャラリー1953企画展「ローラン・ネイ 橋梁のデザイン」

写真拡大 (全3枚)




 

第692回デザインギャラリー1953企画展

「ローラン・ネイ 橋梁のデザイン」


 

この度、日本デザインコミッティーでは、第692回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「ローラン・ネイ 橋梁のデザイン展」を開催いたします。

ローラン・ネイは、ヨーロッパを中心に活躍する橋梁のデザインを数多く手がけている実力派の構造デザイナーです。

ネイのデザインは、地形に寄り添い、地域の人々の意向を尊重し、施主の予算や将来のメンテナンスにまで熟慮し設計されるものです。建築家などが所謂「巨大な自分の作品」を作ってしまう考え方とは一線を画し、実質的で無理のない設計を得意としています。

ヨーロッパでの活動が主たるネイ氏ですが、この度、日本法人の開設とともに、アジアでの設計活動をスタートさせようとしています。本企画は、その特徴ある橋梁デザインの数々をご紹介しようというものです。

日本国内の橋梁とはまた違った持ち味を持つ、ローラン・ネイの橋梁デザインの世界をお楽しみ下さい。

 



● 展覧会概略

* タイトル:第692回デザインギャラリー1953企画展「ローラン・ネイ 橋梁のデザイン」

* 会期:2013年2月20日(水)〜3月18日(月)最終日午後5時閉場・入場無料

* 会場:松屋銀座7階デザインギャラリー1953

     http://designcomittee.jp/

     〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1

     電話:03-3567-1211(大代表)

* 主催:日本デザインコミッティー

* 会場構成:渡邉竜一(株式会社ネイ&パートナーズジャパン)

* 協力:ルクセンブルク大公国大使館 

* 企画監修:川上元美

● ローラン・ネイ/略歴

ローラン・ネイ Laurent Ney 1964年フランス・ティオンヴィル生まれ。

リエージュ大学で土木工学を修めた後、ルネ・グレイシュ構造事務所に勤務。

1996年ネイ&パートナーズをブリュッセルに設立。建築と土木構造物のエンジニアとして多数のプロジェクトを手がける。代表的な作品は、ナイメーヘンシティブリッジ(鋼製アーチ部を含む全長1.2キロ)、クノッケ歩道橋、スタリール開閉橋、アイドック歩道橋、ズウォレ歩道橋、スメ−デンポート歩道橋、Tachkemoniキャノピーほか。

 

● デザインサロントーク

ローラン・ネイ氏によるデザインサロントークです。

日時:3月2日(土)午後5時30分〜6時30分

場所:デザインギャラリー1953

申込不要/開始15分前より会場にご案内します。着席数30席。立見となった際はご容赦下さい。