20代のうちにやめておくべき恋愛ルール


仕事でのマナーや人間関係。20代の間に学ぶことってたくさんあると思います。もちろん、恋愛も同じこと。

特に、20代ならかわいいなで許される失敗も、30代になってからだと痛い女に思われてしまう可能性も。

学ぶことはもちろん大切ですが、それ以上に大切な20代の間にやめておくべき恋愛のルールを今回はご紹介していきたいと思います。





■1.浮気や不倫などの略奪愛



「別れるから」という言葉を信じて付き合い続けた結果、気付いたら30代になっていた。そんな女性も少なくありません。貴重な20代の時間を愛人やセカンドで終わらせても、きっと、後悔しか残らないのではないでしょうか。



それに、独身の自分が思っているほど夫婦のきずなって弱くありません。少しでも早いうちに関係を経てる強さを持ちましょう。



■2.ひとりの男のおぼれる恋愛



あとから冷静になればわかることなのですが、短期間で燃え上がる恋愛ほど、結果的にうまくいかないものなのです。



女性は年齢を重ねるほど、失恋で受けるショックも大きく、立ち直るのに時間がかかります。かなわぬ片思いや、ダメンズに振り回される恋を1年以上続けるのは時間の無駄だと思いましょう。



■3.ヒモ男との共存愛



セカンドの恋愛と同じくらい将来の見えない恋愛がヒモ男との共存愛。夢を追いかける彼を支えるのも、頼ってくる彼を見捨てられないのも、お互いに依存し合っているだけなのかも。

お金がないと保てない彼との間に、結婚や未来があるわけありませんよね?



■4.理想が高すぎる恋愛



周りに良い男性がいないと嘆く女性ほど、理想と自己評価が高すぎるのです。「理想の男性=自分を幸せにしてくれる男性」とはかぎりません。



どうしても妥協したくないのであれば、まずは、自分が理想の男性と完ぺきに釣り合う女性になりましょう。それができないのであれば、今すぐ、理想なんて捨ててしまうべきです。



■5.ダメンズとの腐れ縁



マメな男性ほど浮気もうまくやってのけます。他人に横柄な態度をとる男性ほど彼女も大切にしなくなります。



金銭関係や女性関係がだらしない男だと気付いた時点で関係を断ち切りましょう。ダメンズとだらだら付き合い続けたところで、残るものはひとつもありません。



■6.恋愛と結婚は違うことを知る



恋愛は好きか嫌いかで成り立ちますが、結婚はそれだけでは続きません。お互いの思いやりが必要になってくるのです。



頭ではわかっていても、気持ちや行動で理解するのは難しいかもしれません。まずは、今の彼を尊敬できるか?与えて与えられる関係を作れているか?そうやって、自分にとって最高のパートナーを見つけていきましょう。



■おわりに



一番大切なのは、20代のうちに大きな失敗をすることです。その失敗が30代になってからどれだけすてきな女性になれるかを決める鍵でもあります。今の間にたくさん恋愛をして、すてきな30代を迎えられるようにしましょう。



(LISA/ハウコレ)