出会いは合コンだけしかない……だからこそ、合コンで絶対に彼氏を作る!

写真拡大

最近大流行している「街コン」。

いろんな年齢・職種の異性と数多く知り合えるということもあり、人気を集めています。

これ以外にも、料理教室で開催される合コンや、ゴルフをしながら楽しむ合コンなどバラエティーに富んだものも増えてきています。

もちろん、「友達を増やしたい」「お酒をみんなでワイワイ飲みたい」という人もいるでしょう。

ですが、合コンに参加する大抵の人が「彼氏・彼女を探している」はずです。

「合コンで彼氏や彼女を見つけたい!」そんな時に、こんな恋愛心理のテクニックを駆使してみてはどうでしょうか。

■自分が好きなファッションではなく、「異性が好きそうなファッション」を着ていくべきまず、男性・女性ともに気をつけるべきこと。

それは洋服選びです。

男性は清潔感のある服装であり、年齢や体形にあっているものであれば文句ナシです。

ファッションセンスがないから私服では不安だという人は、スーツを着ていくと良いかもしれません。

女性は、キリッとスーツを着こなす男性に好感を持ちます。

女性の場合は、いわゆる赤文字系雑誌などを参考にしてワンピースやスカートを選びましょう。

ジーンズやスニーカー、露出の多い服は、この時だけは封印したほうが無難です。

胸元が見えそうな服や下着が透けるような素材の服は、男性の視線を集めるでしょうが「付き合いたい」と思ってもらえない危険性もあります。

■上から目線でのアドバイスや意見は、「何さまだよ」と思われます合コンが始まったら、合コン相手に対する配慮をすることも大切です。

ずけずけと男性に年収や学歴を聞くような行為、もしくは女性にカップ数や経験人数などを聞くような態度は、嫌われる原因となります。

まずは仕事や趣味の話などをして、相手のことを知っていきましょう。

また、自分の話をして悦に入るのではなく、相手の話を聞くことも重要です。

もし相手の価値観が自分の価値観と違っても、「その考え方はおかしいと思うよ!」なんて議論をふっかけるのはバカげた行為です。

相手が同じようなディスカッションを好む性格ならば別ですが、たいていの場合は、「相手を言い負かそうとする人」「上から目線で話をしてくる人」は嫌われてしまいます。

■男性は笑わせ役でもモテるが、女性はピエロになるべきではない女性の中には「私が合コンを盛り上げなきゃ!」という気持ちになってしまい、お笑い芸人のようにギャグに走る人もいます。

男性の場合には「面白い」「ユニークである」は好感度アップの理由となることもありますが、女性の場合にはマイナスになることもあります。

自分の過去の恋愛をネタっぽく話したり、大食いや一気飲みをしておどけてみたりするのは、たしかに場を盛り上げてくれる行為ではありますが、恋愛をするために集まってきている人たちのための“犠牲”になる必要はありません。

笑いに逃げずに、彼氏を見つけることを優先させましょう。

■「唐揚げにレモンを絞る」はNG行為かも!?よく気がつく人と思われるためにサラダを小皿に取り分けたり、「次は何を飲みますか?」とこまめに聞いてあげたりするようなアピール方法もあります。

注意するのは、そのような時に、ちゃんと周囲の了解を得てから振る舞うことです。

勝手に焼き鳥を串から外して「食べやすいようにしておきました」、鳥の唐揚げにレモンを絞って「私って気が利くでしょう」とアピールをする人もいますが、そういった打算を激しく嫌う男性もいます。

食べ方にこだわりを持っている男性をいますから、まずは「レモン絞ってもいいですか?」「料理、とりましょうか?」などと聞いてみましょう。

■お礼のメールは好感が持てる最後に気をつけておきたいのは、お礼のメールです。

男性も女性も、気になった人とは絶対に番号交換をしておくべきです。

流れで全員交換してもいいでしょうし、後から聞いてもらってもいいかもしれません。

「ありがとうございました」という気持ちを伝えておくことで、気遣いのできる人としてのアピールもできるということです。

このような時にはもったいぶらず、少なくとも次の日くらいまでにはお礼メールをしておくべきでしょう。