新婚旅行を成功させるための三カ条

写真拡大

一生に一度かもしれない新婚旅行ともなると、ほとんどの人が良い思い出にしたいと考えることでしょう。

しかしその気持ちが強いからこそ旅に完璧を求めてしまい、ちょっとの失敗から夫婦ゲンカが始まり、ギクシャクした関係になってしまうこともあります。

最悪の場合はそこから破局なんてことも…。

これから幸せな生活が始まるというときにこれでは、大失敗になってしまいます。

そこで今回は、新婚旅行を確実に成功させるための三カ条を、ズバリご紹介いたします。

一.常にパートナーのことを考え、お互いの気持ちを尊重しあう自分の意見ばかり通してしまうと、自分が楽しくてもパートナーが楽しくないという新婚旅行になりがちです。

二人で行きたい場所を話し合うときも、お互いが納得することが大前提です。

現地の行動でもこれらは非常に重要なことです。

夫婦として二人で今後生活を共にしていくわけですから、お互いのことをよく知り、理解しながら行動に移していくようにしましょう。

特にありがちなのが、何気ない一言でパートナーを傷つけてしまったりするケースです。

口は災いの元…気持ちが高ぶっていても、口にする言葉は慎重に選びましょう。

二.自分だけで解決しようと思わず、いろいろな人の手助けを借りる新婚旅行の手続きや行き先を自分ひとりで決めようと思うと、かなりの負担となります。

慣れていなければ、せっかくのプランが台無しになってしまいます。

一番良いのは、旅行会社のツアーなどを利用するケースです。

これならば初めての海外旅行でも、自分たちは必要最低限の手間だけですみます。

また、すぐそばには頼れるパートナーがいるのですから、何か困ったときは二人で解決していくと良いでしょう。

特に女性の場合には、結婚前に『マリッジブルー』と呼ばれる、精神的不安や憂鬱(ゆううつ)感に悩まされるケースがあります。

これが続くと冷静な判断ができなくなってしまうこともありますから、適度に気分転換することも大事です。

三.新婚旅行を成功させようと思う気持ちを常に持つ当たり前のようではありますが、いざ旅行をはじめると初心を忘れてしまいがちです。

常に成功させたいという気持ちを一番に思っていれば、すべての考え方や行動もそれにあわせて動くようになります。

旅行期間中だけではなく、場所選びからはじまって、帰ってきてから親族や親戚におみやげを渡すまでは気が抜けません。

体調をくずさないように注意しながら、新婚旅行を成功させるようにしましょう。