東京ヒップジャンプ選手権を制した、藤田サイモン選手の演技。
1月20日は、国際スキー連盟が提唱している「ワールド・スノー・デー」。日本においてもウインタースポーツの普及を図ろうと、東京の商業施設・六本木ヒルズで19日、冬のスポーツ博覧会『TOKYO SNOW & ICE 2013』が始まった。

19日と20日、2日間にわたって開催。高層ビルが立ち並ぶ都会のド真ん中に、およそ100トンの氷を雪に変化させて、特設ゲレンデを出現させた。

そのゲレンデには、高さ15メートルのスキージャンプ台が作られ、国内外10名のスキー選手が、華麗なパフォーマンスを披露。技の完成度を競い合う「東京ヒップジャンプ選手権」も行われ、来場者の注目を集めた。

同選手権は、期間中に合計6回、間隔を置いて開催される。初回の選手権を制したのは、群馬県のスノーパーク尾瀬戸倉を拠点に活動する、藤田サイモン選手。得意とする高速回転スピンを繰り出したあと、後ろ向きのまま、スムーズに着地。演技全体の印象を上手くまとめた。

巨大ジャンプ台が六本木ヒルズに設置された
巨大ジャンプ台が六本木ヒルズに設置された

ジャンプ台へのアプローチは、写真右の仮設台から
ジャンプ台へのアプローチは、写真右の仮設台から


ジャンプ台の高さは、約15メートル。14年2月にロシア南部ソチで開かれる冬季五輪で、正式種目に加わった「スロープスタイル」の迫力を再現しようと、ヒップセクションという一つの要素を抜き出したもの。選手たちが飛び出すジャンプ、その着地方向が90度近く、切り替わる変則ジャンプ台が設けられた。

会場には、このジャンプ台のほか、子供たちが自由に“雪遊び”が出来る「キッズスノーランド」も併設。雪球を使った“的当てゲーム”や“雪だるま作り”、“ソリ遊び”など…。親子で楽しめるアトラクションが設置されている。また、小学生を対象にしたゲーム、急斜面に設置されたフラッグを一番最初に取り合う参加プログラム「スノーフラッグチャレンジ」も用意されていた。

(開催時間は11時〜19時。入場無料)

■関連リンク
『TOKYO SNOW & ICE 2013』 - イベント案内ページ