散らかってても大丈夫。狭いお部屋でもできる「細マッチョ」トレーニング

写真拡大

女性からも男性からも人気の高い「細マッチョ」体型。

テレビで見る「細マッチョ」たちの見事なボディに、多くの人が憧れているのでは? そんな「細マッチョ」のみなさんに共通するのは、体脂肪が落ちて引き締まったスマートなボディ。

今では男性のみならず、女性でもキュキュッと引き締まったスレンダーな細マッチョを目指している人も。

しかしスポーツジムに通うのはお金もかかるし、なかなか時間も取れない……。

「細マッチョ」の引き締まった体型に憧れながら、何も出来ずにいるという人は、意外と多いのではないでしょうか。

そんな方に、狭い部屋でもカンタンに出来る「細マッチョ」体型の作り方をご紹介します。

まず最初に準備するのは、椅子と寝転べるスペースだけ。

これだけで「細マッチョ」の体型を作るトレーニングは始められます。

■「細マッチョ」の基本。

まずは“大胸筋”から 椅子、と聞くと、「えっ、座るの?」なんて思った方もいるかもしれません。

でも、そんな横着を言っちゃいけませんよ。

まずはうつ伏せになって、腕立て伏せのポーズを作って下さい。

そして、ここからがポイント! その体制のままで、引っ張り出した椅子の上に両足のつま先を乗せます。

そして両腕をつっぱり、体全体をぴんと伸ばして下さい。

今度はその体制のまま、腕立て伏せをやってみます。

さて、何回出来るでしょうか? 「もう無理!ギブアップ!」となるまで続けて下さい。

実はこれ、「大胸筋」の上部を鍛えるトレーニングになります。

鎖骨の下部にある胸に効果があるので、「細マッチョ」の基本と言える理想的な胸を作り上げられるんです。

■二の腕のたるみを解消。

引き締まった“上腕三頭筋”を手に入れよう胸の次に改善するのは「腕」! あなたの二の腕はたるんでいませんか? たるんだ二の腕には「リバース・プッシュアップ」が効果的。

やり方ですが、まず椅子の前に後ろ向きに立って下さい。

そこから両手を後ろにまわして座面に手を置きます。

膝は軽く曲げ、肘を伸ばして体を支えます。

そして、少しずつ上腕三頭筋に負荷をかけていきます。

息を吸いながらゆっくり肘を曲げて体を下げていきます。

お尻が床につきそうになったら、息を吐きながら肘が伸びるまで体を持ち上げます。

この時、横着して脚の力は使ってはダメですよ。

■お腹の脂肪とさようなら。

“腹筋”の作り方そして、最後は「腹筋」。

準備はカンタン、椅子の前に仰向けに寝ころび両足を椅子に乗せます。

ここでの注意点は、腰との角度を90度に曲げないこと。

90度にしてしまうと負荷が高くなってしまうので、慣れるまでは少し足を伸ばして、広めの角度を取るのがよいでしょう。

さぁ、レッツ腹筋運動。

首や腕、背中に力を入れず、ヘソを覗き込むように体を起こしていきましょう。

寝そべる際には背中をベッタリつけないように。

効率よく腹筋をつけるために、お腹に力を入れることを意識しましょう。

起こして寝て、起こして寝て……を繰り返し引き締まった腹筋を作りましょう。

まずは、コレから始めてみてはいかがでしょうか? 「胸」「腕」「腹筋」を鍛えるだけでも、憧れの「細マッチョ」に近づいていくはず。

また、そのためのトレーニングは、部屋が散らかっていても、椅子と人一人分寝転べるスペースさえあれば自宅でカンタンに取り組めます。

ジムに行ったり、何かスポーツを始めたり、といきなりアクティブに考えすぎず、まずは気軽にできるトレーニングから始めて「細マッチョ」体型を手に入れてみては?