初音ミク☓冨田勲イベントに吉松隆、クラムボンのミトらが集結し徹底トーク

写真拡大

今年80歳を迎えたシンセサイザーアーティストの冨田勲とボーカロイド初音ミクのコラボレーションアルバム『イーハトーヴ交響曲』が、1月23日(水)にリリースされる。

これを記念して、28日(月)に東京・タワーレコード渋谷の「TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA」で冨田本人を含む豪華ゲストを集めたCD発売記念イベント「Toward the faraway IHATOV!〜ISAO TOMITA×HATSUNE MIKU×KENJI MIYAZAWA」が開催されることが決定した。

今年80歳を迎えたシンセサイザーアーティストの冨田勲とボーカロイド初音ミクのコラボレーションアルバム『イーハトーヴ交響曲』が、1月23日(水)にリリースされる。

これを記念して、28日(月)に東京・タワーレコード渋谷の「TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA」で冨田本人を含む豪華ゲストを集めたCD発売記念イベント「Toward the faraway IHATOV!〜ISAO TOMITA×HATSUNE MIKU×KENJI MIYAZAWA」が開催されることが決定した。

イベントには、冨田本人に加え、クラシック界から作曲家の吉松隆、3人組バンド・クラムボンのミト、初音ミク界の大御所・アスキーメディアワークスの福岡俊弘、『イーハトーヴ』交響曲の初音ミクチームの制作過程を間近で取材したライターの四本淑三が参加。

このメンバーでアルバム『イーハトーヴ交響曲』などについて徹底的にディスカッションを行う。

昨年の大河ドラマ『平清盛』の音楽を担当し、そのテーマ音楽の一部を初音ミクを用いて作曲したことでも知られる吉松からは、敬愛する冨田、初音ミク、そして宮沢賢治への想いも語られるという。

アルバム『イーハトーヴ交響曲』は、昨年11月23日に行われ、冨田が大オーケストラと合唱団を駆使して、宮沢賢治の世界を音で描き、さらに初音ミクがソリストとして登場したアルバムと同名のライブを収録したもの。

このライブの初演の模様が、ライブストリーミングチャンネル「DOMMUNE」とタワーレコードが提携した新メディア「TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA」(TRDS)で完全生中継され、同時視聴者数は13,500人を記録。

ネット内外で話題となっていた。

本イベントでは、このライブ映像のダイジェストで放映する予定。

イベントへの参加は、『イーハトーヴ交響曲』の特設サイトにて受け付けている。