”賞金が当たった”など詐欺的なDMの相談が急増。国民生活センターが注意喚起

写真拡大

国民生活センターは、海外の”宝くじ”や”ロト”などで高額賞金が当たったかのようなダイレクトメール(DM)を海外から送付し、消費者に申込金などを支払わせる手口が再び急増しているとして、消費者に注意を促している。

この手口で多いのは、「賞金が当たった」「賞金当選のための資格を獲得」など、賞金(出どころ不明)を受け取るためという名目で、申込金などを支払わせるもの。

DMを送ってくる団体などの住所や連絡先は不明で、抽選などがいつどこで行われるかの記述もない。

同様の手口について、同センターでは、2012年3月15日にも注意喚起を行った。

その後、相談件数はいったん落ち着いたものの、2012年9月に再び急増。

9月、10月の月別件数は、それぞれ1,200件、1,300件を超えているという。

また、毎年65歳から67歳程度で推移していた契約者の平均年齢についても、本年度はさらに高齢化が進み、過去最高の69歳となった。

なお、2012年度に寄せられた主な相談事例は、「年金を担保に借金までしていたケース」「10年間もクレジットカードで手数料を支払い続けている」「今後DMを送らないでほしいと手紙を送ったら前より一層届くようになった」など。

同センターではこの手口について、「決して申し込まないこと」「クレジットカードの番号や個人情報を業者に教えないこと」「トラブルにあったらすぐに消費生活センターに相談する」などのアドバイスを行っている。

詳細は、同センター公式ホームページを参照のこと。