「かくれ老化」の人は、”睡眠”に問題を抱える割合が1.7倍に

写真拡大

40代から50代が自身の老化を認識し、「かくれ老化」から脱することを啓発している「脱!『かくれ老化』プロジェクト」では、40代から50代の「かくれ老化」該当者と健康な男女(合計1,000名)を対象に、「かくれ老化」と睡眠に関するインターネット調査を実施した。

調査期間は2012年10月10日から10月15日。

「かくれ老化」とは、30代までは気にならなかった、体のさまざまな部位に現れる変化のことを指している。

同プロジェクトの調査では、40代から50代の約75%が「かくれ老化」の該当者だったとのこと。

そこで、40代から50代を対象に「眠れない日があるか」「睡眠が浅くなったと感じるか」と尋ねたところ、「あてはまる」あるいは「ややあてはまる」と回答した人は、健康な人が30%、「かくれ老化」該当者が52.2%。

このことから、「かくれ老化」該当者では、良質な睡眠が得られていない人が健康な人と比べ1.7倍以上も多く、睡眠にも問題を抱えやすくなることが明らかになった。

なお、同調査では、「かくれ老化のチェック項目」のうち、該当するものが2つ以上の人を「かくれ老化」該当者と定義。

該当するものが1つ以下は健康者としている。